細勝寺 - 土佐西国三十三観音霊場第14番

細勝寺(南国市)

[ 高知県南国市田村字天王乙 ]


高知龍馬空港の北、高知東部自動車道の直ぐ南側にあります、日蓮宗の天高山 細勝寺(さいしょうじ)というお寺さん。

細勝寺(南国市)

土佐西国三十三観音霊場第14番霊場になるがです。

御本尊は聖観音菩薩です。

細勝寺(南国市)

田村城の南西部には、4代目細川勝益が初代頼益の冥福を祈って、文亀元年(1501)に建てた桂昌寺という菩提寺がありました
細勝寺という名は、江戸時代に桂昌の名が、徳川5代将軍綱吉の母である桂昌院と同じであるのをはばかって、細勝寺と名を改めたことによります。
守護代細川氏は、京都で応仁の乱が起こったことを契機に、永正4年(1507)に土佐を去ります。
細勝寺は一時、長宗我部元親によって移されることもありましたが、その後も田村城内の寺域は受け継がれてきました。
平成13年には、空港滑走路拡張に伴って現在の場所に移転しました。

【 参考・引用 】  
なんこく歴史散歩第21回 細勝寺 -守護代細川氏の菩提寺
広報なんこく 平成26年8月号より抜粋


細川頼益 - 細川氏一族遠州家四代目当主にして土佐守護代家始祖  2015.05.16


MapFan地図へ

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment