スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



出雲大社土佐分祠 - ハートを見つけ御参りを、恋愛成就が叶うやも

出雲大社土佐分祠(高知市升形)

[ 高知県高知市升形  ]


本年も、つたないブログですが、御愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

此の記事は、2017年1月1日00時00分の予約投稿です。

皆さんは、初詣はこれからとか、明るくなってからと言う人もおるろーけんど、多分、オンちゃん、記事がアップされた時間帯位にゃ近くの氏神さんに2年ぶりの初詣に行っちょると思います。

もしかしたら、寝よったりして・・・・・(笑)

そんな訳で、年の初めの最初の記事は神社ネタで、これまでに神社名は書いても、詳細は掲載して無い神社と言う事で、「出雲大社土佐分祠」です。

出雲大社土佐分祠(高知市升形)

「出雲大社土佐分祠」は、高知市升形の電停「升形」の南側に、大きな緑色の大鳥居があり、その傍に『古事記』に記された出雲神話「因幡の白兎」に因んだ、大国主命と白ウサギの像が建っちょります。

この「出雲大社分祠」と言うのは、明治6年(1873)に当時の出雲大社大宮司・千家尊福が(現)宗教法人出雲大社教を設立し、出雲大社を拠点に全国に出雲信仰を布教するために各地に御師を派遣したのが始まりで、今では全国各地に「出雲大社分祠」があります。

因みに「伊勢信仰」や「富士山信仰」等も同じで、御師によって全国に広がっちょるがです。

出雲大社土佐分祠(高知市升形)

土佐に分祠されたのは明治15年(1882)で、主祭神は当然、大国主大神さんで、拝殿にゃ、出雲大社と同じような太い注連縄が張られちょります。

そうそう、出雲大社さんに御参りする時は、「二拝・四拍手・一拝」と通常の二拝二拍手一拝とは違いますき、御注意を。

出雲大社と言うたら、恋愛成就を願う人々の聖地のような場所でもあるよねー。

「出雲大社土佐分祠」さんも、出雲(島根県)の「出雲大社」の本殿から神様を分霊して祀っている神さんですき、遠くて行けれん人は、此処に御参りしたら「出雲大社」で御参りしたのと同じ御利益があるがです。

それに県内では恋愛祈願等でも有名なパワースポットですき。

タイトルに書いた「ハートを見つけ御参りを、恋愛成就が叶うやも」のお話をせんと遺憾ねー。

「神社にハート?」と思いよる人もおるろー。

そう、あの西洋文化のハートマークと同じじゃけんど、日本の場合は意味合いが違うけんど古来からあるがです。

此処では、神社だけで書きますが、お城や寺院等、古来からある建築物等にも、ちゃんとハートがあるがです。

ただ、こんまい祠等には、あまり見かけませんので・・・・・。

出雲大社土佐分祠(高知市升形)

神社仏閣の屋根の(破風の下)下に写真のような飾り(妻飾り)を見た事はありませんか?

これを、懸魚(けんぎょ)と言います。

通常、「蕪懸魚」又は「猪の目懸魚」、それに「六葉」と「鰭(ひれ)」で構成されちょりまして、目的は建築物を火災から守るため、水に関連する「魚」を模した飾りながです。

これを屋根に懸ける事で、火除けの”おまじない”をしちょるがです。

写真の場合は、猪の目懸魚と言います。

この写真の中に「ハート」がありますろー・・・・・。

日本では、「猪の目(いのめ)」と呼ばれちょります。

猪(イノシシ)は、山火事になると真っ先に逃げる事から、昔から愛宕神社等「火伏せの神様の使い」とされちょります。

そうした起源から、神社等の建物を火災から守るために、付けられちょるようで、日本の伝統的な文様の一つながです。

名前の由来は、ハートの形が猪の目に似いちゅうと言うことからじゃそうですが、確かにハートマークを横向け、ちょっと細長くすると猪の目のように見えます。

ここからちょっと、高知市近郊にある神社の懸魚とハート・マーク(猪の目)の在る場所を、見つけ易い例で御紹介しちょきます。


■ 神社が切妻屋根タイプの場合

懸魚

[ 高知市・朝倉神社拝殿 ]  猪の目懸魚+六葉    

懸魚

[ 高知市・朝倉神社本殿 ]  猪の目懸魚

懸魚

[ 香美市・熊野神社拝殿 ]  蕪懸魚+六葉+鰭付き 屋根の経の巻瓦にも猪の目

懸魚

[ 南国市・殖田神社拝殿 ]  梅鉢懸魚に猪の目

ここは、社殿が新しく建てかえられちょりますき、判りやすいです。

■ 神社が入母屋造タイプの例

懸魚

[ 須崎市・鳴無神社拝殿 ]  兎の毛通(唐破風懸魚)に屋根の経の巻瓦に猪の目

懸魚

[ いの町・椙本神社拝殿 ]  兎の毛通(唐破風懸魚)に屋根の経の巻瓦に猪の目

■ その他、神社の金具等にもある例

懸魚

[ 須崎市・鳴無神社拝殿 ]  猪の目


懸魚

そんで、これが此処・出雲大社土佐分祠です。

屋根は入母屋造ですき、兎の毛通(唐破風懸魚)があり六葉に6ヶ所、その下に1ヶ所 、それと屋根の上に乗っている経の巻瓦に左右に2ヶ所と、計9ヶ所にハート(猪の目が)付いちょります。

ハートマークにゃ違いないろー。

誰だって、特に女性にゃハートマークを見つけて「ラッキー」と思う人はいても、嫌がる人はいないよねー。

ただ、明るい場所と時間帯じゃないと、見つけるのは難しいきに気をつけよ・・・・・。

オンちゃん、絶対、恋愛祈願が成就するとの保証はしませんけんど、信じる者は救われるじゃないけんど、せっかく初詣に行って恋愛祈願をするがじゃったら、このハートマークを恋愛のシンボルと信じて見つけてみたら・・・・。

そんで、御参りしたら、きっと貴女にも恋のチャンスが訪れるかも・・・・・。

写メに撮って、御守りにしてみるのもエエかもです。

因みに、高知市近郊で恋愛祈願で特に有名なのは、ここ出雲大社土佐分祠と須崎の鳴無神社。

それとNHK大河「龍馬伝」で有名になった土佐神社の境内社になる宗像三女神を祀る厳島神社ですき。

是非、初詣に行って恋愛祈願をされたい方々は、行かれた神社でハートマークを見つけて御参りをしてみませんか。

鳴無神社 - 参道は海に向かって延び「土佐の宮島」と称される 2014-07-11
土佐神社・放生池 - 龍馬伝のロケが行われた場所の一つ 2010-12-28(写真に写る祠)


MapFan地図へ
関連記事

  



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。