スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



明智光秀・明智光春墓 - 土佐に来た明智光春の子孫が先祖供養に

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

[ 高知県南国市亀岩字落合  ]


南国ICの北の方、領石川沿いにある瓶岩体育館の南側に、瓶岩土居城(土佐坂本城)という丘城があるがです。

瓶岩土居城

城主、坂本喜三兵衛。
後、秦(長宗我部)氏の時、中島源兵衛之に居る。
坂本中島の二氏の世系未だ考へず。

【 参考・引用 】  『土佐国古城略史』 宮地森城・著


体育館の脇に自転車を止め上がって行くと、野外アスレチック場のようになっちょりましたが、人っ子一人おらんかった。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

さらに上がって行くと、開けた場所に「明智光秀・光春墓」と書かれた標識があり、祠と墓石が並んじょりました。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

そう、あの本能寺の変で織田信長を自害させたが、羽柴秀吉との山崎の戦いに敗れ、落ち武者狩りで殺害されと言われちょります明智十兵衛光秀と、娘婿になる明智光春とされる御墓です。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

祠には、明智の丸に桔梗紋が。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

祠の背後にある、五輪の塔が明智十兵衛光秀の供養塔じゃと思われます。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

祠に、由緒書がありました。

坂本家先祖
初代ハ 亀岩坂本城々主坂本喜三兵衛
天正十年近江坂本城落城後 土佐ニ来リ
長宗我部元親ニ仕ヘル
父ハ 近江坂本城々主明智左馬之助光春ト伝ハル


つまり、明智光春は羽柴秀吉との山崎の戦いで義父・明智十兵衛光秀の後詰めとして戦うが敗れ、近江坂本城に入り明智光秀の妻子、並びに正室と共に城に火を放って自害したとされるがです。

その明智光春の子とされる・坂本喜三兵衛と言う人が長宗我部氏を頼って土佐に逃れて来て、長宗我部元親に仕え、ここ土佐坂本城(瓶岩土居城)の城主を一時務めたと言う事のようです。

明智光秀・光春墓(南国市亀岩字落合)

右側の新しい墓は、坂本喜三兵衛の父母とされる御墓のようで、墓碑にゃ下記のように記されちょりました。

明智左馬之助光春 
妻 
明智十兵衛光秀 長女

 
今回もNHK大河「真田丸」関連で取り上げました。

明智光秀の方は、諏訪・法華寺で徳川家康の接待役を務めた光秀を織田信長が打ち据えるシーンがあったけんど、明智光春のキャスティングはありませんでしたが、2014年のNHK大河「軍師官兵衛」の時にゃ、明智秀満としてキャスティングされちょりました。

ただ、この墓に何故「明智光春」と書かれちょるかと言う事が疑問です。

と言うのは、ネット検索されてもヒットしますが、「明智光春」と言う名は『軍記物』などの俗書に登場する名前でして、実名(諱)は「明智秀満」と言う名が正しいようですき、「明智秀満」となっちょた方が信憑性は増すのではないかと思ったり。

またその出目には諸説あるようですが、一般的にゃ元は「三宅弥平次」とある。

【 参考 】  明智秀満 - Wikipedia

坂本喜三兵衛の母とされる、明智十兵衛光秀の長女は、最初、荒木村重の嫡男・村次に嫁ぐがですが、荒木村重が織田信長に謀反を起こした事で難を逃れるため離縁されます。

実際、荒木村重一族は織田信長に尽く殺害されちょります。

明智光春とある明智秀満(元・三宅弥平次)は、この元・荒木村次と離縁した光秀の娘婿となって、明智秀満と名乗ちょるようです。

土佐に逃れて来た、坂本喜三兵衛の元の名は不明じゃけんど、長宗我部元親の正室は石谷光政(足利義輝の家臣)の娘で石谷頼辰・斎藤利三の異父妹とされちょり明智氏とは同族になるき、逃れて来た光秀の孫と思われる人物を匿ったとしても何の不思議でもないがですき。

その子孫が、初代が土佐坂本氏を名乗り居城した瓶岩土居城に、先祖の明智光秀と明智光春(明智秀満)夫婦の供養塔を建て祀っちょるがでしょうねー。


因みに、明智光秀との繋がりを云われる坂本龍馬の先祖が住んじょった才谷村は、ここから東北東に約1.5kmと目と鼻の先にあるがです。

ただ、明和4年(1767)に坂本八郎兵衛直益が建てた才谷初代・坂本太郎五郎の墓には「・・・弘治永禄之比畿内乱而来住千土佐国長岡郡殖田郷才谷村・・・・」とあり、初代が土佐に来たのは1555年から1570年ですので、明智光秀が54歳で亡くなった天正10年(1582)では12~27年のずれがある。

それに対して

・・・才谷屋分家最後の当主源三郎の姪で、その養女になった宍戸茂は「江州(近江国の別称)坂本落城の砌、左馬之助(明智光春)の一族黄金を壺に長宗我部を頼って遠く土佐に落ち天下定まるに及んで才谷に隠れ百姓となり(「才谷屋のことども」『土佐史談』116号)と書いているぐらいだから、この説は坂本一族に根強く信じられていた。

【 参考・引用 】  『坂本龍馬とその一族』 土居晴夫・著 (p18)


と坂本太郎五郎の墓の記述とも異なる。

また土居先生は、同書p19において

・・・・「明智後裔説」を信じていて、その痕跡を残すための作為であったかもしれない。


とまで、書いています。

それと、平尾道雄先生の『坂本龍馬海援隊始末記』に下記のような一文がある。

・・・伝えによると、明智左馬之助光春の妾腹の子- 太郎五郎という者が、近江国坂本落城の後、土佐へのがれ長岡郡才谷村に大浜氏を頼り、ここに二代彦三郎、三代太郎左衛門までが農業をいとなんでいた・・・・・

【 参考・引用 】  『坂本龍馬海援隊始末記』 平尾道雄・著



以上の記述からしても、明智左馬之助光春=秀満(元・三宅弥平次)は、明智光秀の娘婿の姓を名乗っただけですき、平尾道雄先生の書いてるように明智左馬之助光春の妾腹の子とすれば、明智光秀とも明智一族とも、何ら血縁関係は無い事になります・・・・・。

ここも、真相は歴史の闇の中ですき・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



- 2 Comments

マサムネ さんへ">

マサムネ さんへ  

Re: 日高村の小村神社で秋の大祭

マサムネ さんへ">

年に一度だけの公開ですから、なかなか日程が合わず実物は見た事がありませんが、いつか見て見たいと思っています。
コメントありがとうございます。

2016/11/21 (Mon) 09:00 | マサムネ さんへさん">REPLY |   

マサムネ  

日高村の小村神社で秋の大祭

高知県日高村の小村神社で秋の大祭 金銅荘環頭大刀も限定公開|高知新聞
https://www.kochinews.co.jp/article/62939/

高知県高岡郡日高村下分の小村神社で、秋の大祭が行われ、舞の奉納など神事が厳かに執り行われた。国宝「金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうのたち)」も1日限定で一般公開された。

 小村神社は6世紀末の創建と伝えられ、旧日下村住民の総氏神とされる。大祭の準備は地区ごとに順番に割り当てられ、2016年は井ノ峰地区が「当組」として担当。境内の掃除や、花台制作などを行った。...

2016/11/20 (Sun) 12:00 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。