スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



へんろ石 - 大日寺参道の徳衛門標石、また近くにも2基あり

徳衛門標石(香南市野市町)

[ 高知県香南市野市町母代寺・大日寺参道  ]


香南市野市町にある四国八十八箇所霊場第28番札所・大日寺への参道の石段の途中に、石段に埋もれるように遍路石が建っちょりますが、これが大日寺の徳右衛門道標ながです。

「本願主 豫州越智郡德右衛門」と読めます。

徳衛門標石(香南市野市町)

「邊路道 古礼より国分寺へ 壹り者ん」

江戸時代後期に、武田徳右衛門さんによって四国遍路の道筋に建てられた、約250基の1つじゃそうです。


MapFan地図へ

徳衛門標石(香南市野市町)

また高知県道22号龍河洞公園線と大日寺参道への分岐点にも、一つ遍路石がある。

「右 遍路道 二十八番 大日寺 施主 大日寺高母○ ○輪○俊朗」?でしょうか、ちょっと良く読めません。


MapFan地図へ

徳衛門標石(香南市野市町)

もう一つは、参道の途中に右方向からも登ってこれるようですが、その途中の民家の傍にも一基ありました。


MapFan地図へ
関連記事

  



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。