千葉さな子 - 叶わなかった若き日の恋慕を抱いて坂本龍馬室として眠る

千葉さな子墓(甲府・清運寺)

[ 山梨県甲府市朝日5丁目・清運寺  ]


甲府駅の北西約700m程の所に清運寺と言うお寺さんがあるがです。

東京在住の頃は、何度か仕事で足を運んだ土地で、この周辺にも何度か立ち寄っったり駅周辺にも宿泊しちょりますが、実際にお寺さんを訪れたのは、ほんの数年前になります。

此処に千葉佐那(千葉さな子、千葉佐那子)さんが眠っちょるのは知っちょりましたが、時間に追われついつい足が向く事がなく、土佐に戻んて来た以降、たまたま東京への出張があり、つかの間の休日に手を合わせてに行って来た次第です。

千葉さな子墓(甲府・清運寺)

坂本龍馬所縁の人じゃき、あえて説明する必要はないと思うけんど、北辰一刀流桶町千葉道場・千葉定吉の二女で、坂本龍馬の許婚じゃったと信じちょったき、墓碑には「明治廿九年十月十五日逝 坂本龍馬室」と刻まれちょります。

名前は、漢字表記では坂本龍馬に与えた長刀目録に「佐那」と記述されちょることから、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』ではその標記を用いたため「佐那」が一般化しちょりますが、千葉家の位牌に「佐奈」と記されちょるそうです。

因みに、お墓には「千葉さな子」となっちょります。

千葉さな子墓(甲府・清運寺)

お墓は、山梨の自由民権運動家・小田切謙明が建てたと書かれた記述も見た事があるけんど、建てたのは小田切謙明ではなく妻の豊次で、左横面・に小田切豊次建立と刻まれちょります。

妻の小田切豊次が、佐那の鍼灸院の患者じゃった事が縁じゃそうですが、夫・小田切謙明が亡くなった後も佐那との交流を続けちょるようです。

佐那さんが亡くなったのは明治29年10月15日当時の東京府南足達郡千住中組で59歳じゃったそうで、谷中墓地に葬られたそうですが、身寄りが無かったため無縁仏に成るのを哀れんで自身の菩提寺にお墓を建てたとか。

戦後の昭和25年、谷中墓地にあった無縁仏は八柱霊園の無縁塚に一緒に合葬されちょるようです。

司馬遼太郎先生の紀行文集『街道をゆく 夜話』(朝日文庫)には、「小田切謙明の死後、豊次はさな子を甲府の小田切家に引き取り晩年を甲府で暮らした」とする記述がありますが、もしそうじゃったら谷中墓地に無縁で埋葬する事は無かったのでは無いかと思いますが・・・・・。

【 参考・引用 】  千葉さな子 - Wikipedia




最後に、本年(2016)8⽉15⽇(⽉)9時2分配信の「千葉⽇報オンライン」に、こんな記事が掲載されちょりました。

龍⾺の婚約者「千葉さな」改葬へ 松⼾の無縁塚から 没後120年「姉妹⼀緒に」

幕末に活躍した坂本龍⾺の婚約者とされながら結ばれることはなく、戦後に千葉県松⼾市にある東京都⽴⼋柱霊園の無縁塚へ合葬された千葉さなの墓が、今年で没後120年を迎えるのを機に、千葉家ゆかりの東京都練⾺区の仁寿院へ改葬されることになった。
さなの妹はまの⼦孫が無縁塚の⼟を譲り受け、命⽇の10⽉15⽇に法要を営む。
(中略)
だが、さなが亡くなった後はきゅう治院の経営を巡って親族らの争いも起き、やがて墓は放置されたとみられる。
戦後になり、都市の復興計画で⾕中霊園が整理される際も、引き取り⼿が現れなかったとし、ほかの墓の埋葬者と共に⼋柱霊園の無縁塚へ合葬された。
さなの墓を改葬するのは庄之助の孫で、周作の直系でもある横浜市鶴⾒区の熊⽊慶忠さん(80)。
7⽉27⽇に親族と霊園を訪れ、無縁塚の⽯畳の下から採取した⼟を⼊れた骨つぼを受け取った。
かつては浅草に所在し、千葉家の菩提(ぼだい)寺として知られた仁寿院には、はまも眠る熊⽊家の墓があり、そこへ移すという。・・・・・

【 参考・引用 】  千葉⽇報オンライン 8⽉15⽇(⽉)9時2分配信記事より抜粋


因みに、ここ甲府の清運寺では千葉さな子の命日の10月15日には、毎年『桔梗忌』が行われるとか・・・・・。

千葉佐奈灸治院跡 - 龍馬の許嫁として生涯を閉じた場所 2014-12-22
千葉定吉・重太郎墓 - 坂本龍馬が教えを受けた北辰一刀流の師匠 2012-11-18

関連記事

  



2 Comments

マサムネ さんへ">

マサムネ さんへ  

Re: 千葉さな改葬記事が東京新聞に掲載される

マサムネ さんへ">

補足ありがとうございます。

2016/09/04 (Sun) 08:19 | マサムネ さんへさん">REPLY |   

マサムネ  

千葉さな改葬記事が東京新聞に掲載される

坂本龍馬室こと千葉さな女殿は、東京の谷中墓地に埋葬されておりましたが、戦後の戦没者と開発のため墓地整理を余儀無くされ東京都により、都の無縁墓地である千葉県の八柱墓地に無縁合葬されました。
或る方の御尽力により、御縁戚の墳墓に戻されました。遺骨ではなく、改葬先の墳土の返還のようですが。
以下ご参考まで。
「千葉さな改葬記事が東京新聞に掲載される」
http://funnyara.blog69.fc2.com/blog-entry-2043.html
「八柱霊園より遺骨返還を受ける」
http://funnyara.blog69.fc2.com/blog-entry-2037.html

2016/09/03 (Sat) 21:02 | REPLY |   

Leave a comment