五百蔵筑後守 - 山田氏滅亡後、長宗我部氏に仕える

五百蔵筑後守(香美市香北町)

[ 高知県香美市香北町五百蔵  ]


五百蔵と書いて「いおろい」と読みます。

日本の地名や姓名の中でも、難しい読みの名前の一つですねー。

場所は、物部川右岸の香美市香北町五百蔵と言う所の山の中に、土佐の戦国時代の武将で、長宗我部の家臣じゃった五百蔵筑後守の墓があるがです。

五百蔵筑後守(香美市香北町)

五百蔵筑後守は、天文18年(1549年)長宗我部国親が父・兼序を滅ぼした本山・山田・大平・吉良氏らの連合軍の一人仇敵の山田氏を楠目城の山田氏を攻め滅ぼし、物部川上流域を支配下に置いた時に、配下に降り、長宗我部国親の子・元親の四国平定にも従ったそうです。

五百蔵氏は平忠正の子孫を称する、現・室戸市の吉良川城主・安岡氏の分家で、地名をもって姓とした。

【 参考・引用 】  『日本歴史地名大系40 高知県の地名』 平凡社(1983)



五百蔵筑後守(香美市香北町)

墓所近くの高台から見た、五百蔵城跡と対岸(物部川左岸)の香北町美良布の眺めながです。

五百蔵筑後守(香美市香北町)

五百蔵城跡の碑などは無いけんど、この辺りがで城跡じゃそうです。

集落南東にあたる河岸段丘の先端部、東は天川谷、南には物部川の断崖に臨む要害の地にあった城で、戦国時代の土豪五百蔵氏の居城。
ほぼ東西七十間、南北六十余間の規模で、幅五間、長さ一町ばかりの空濠が二ヶ所に設けられていた。
現在城跡はすべて水田となり城詰跡の小字城には八幡宮お祠が残る。

【 参考・引用 】  『日本歴史地名大系40 高知県の地名』 平凡社(1983)


五百蔵筑後守(香美市香北町)

墓所麓の報恩寺は五百蔵氏の菩提寺じゃそうで、写真は境内の阿弥陀堂ながです。

報恩寺は、天文年間に、楠目の予岳寺五代寿益和尚の弟子芳勲を招き、瑞応寺の末寺として柳沢に開山した曹洞宗の寺である。
曹洞宗に変わって本尊が聖観音像となった。
阿弥陀堂に祭られている従来の本尊であった阿弥陀如来像は、平安時代様式であるので、御前谷竈戸神社の別当寺として建されたものと考えられる。
その後、山田氏の被護を受け、嫡子修理助が寛永4年(1627) に修復し、報恩寺の境内に移築したのではなかろうか。

【 参考・引用 】  
香美市広報 市民のひろば
第32回 五百蔵山田氏と報恩寺阿弥陀堂(香北町五百蔵)   香美史談会



五百蔵筑後守(香美市香北町)

墓碑にゃ没年が「天正十一年六月二十四日」と刻まれちょりますき、通説じゃと、長宗我部元親が四国平定をしたとされる天正13年(1585年)以前に、亡くなっちょります。 

五百蔵佐渡守 

五百蔵筑後守の長男。
天正10年(1584)、阿波国中富川合戦で討死。
 
五百蔵左馬進 

五百蔵筑後守の次男。
天正14年(1586)2月、九州豊後国戸次川合戦で討死。
 
五百蔵六之進

五百蔵筑後守の三男。
兄と同じく、天正14年(1586)2月、九州豊後国戸次川合戦で討死。
 
五百蔵左馬進

長宗我部家譜代の宿老・桑名太郎左衛門の次男・藤次郎。
五百蔵左馬進の娘を娶り、五百蔵氏を嗣ぎ義父と同じ名を名乗る。
関ヶ原の戦いで主家・長宗我部家が改易になると、一時期、紀州田辺に隠棲する。
慶長19年(1614)大坂の陣では長宗我部盛親に従い大坂城に入城するが、元和元年(1615)大阪夏の陣で河内国八尾で討死しちょります。


ついでに、五百蔵左馬進にゃ3人の子供がおって、父が大坂夏の陣で討ち死にし上方地方を流浪しちょります。

三男の瀬兵衛は、兄・権之丞の影響で切支丹になるが、叔父・野中親孝の叱責を受け信仰を捨て、兄・水也と共に父母の縁故をたより安芸郡奈半利浦へ来て、その後、高知城下帯屋町で医を開業するがです。

しかし寛永20年(1643)年阿波国の住人・井上五左衛門がによって、兄弟が切支丹じゃと訴えられたことで投獄され、獄舎生活47年後に死去しちょります。

この瀬兵衛が、「転び切支丹(キリスト教を改宗した者)」と知られている桑名(五百蔵)古庵ながです。

因みに、野中親孝(三郎左衛門尉)とは、長宗我部氏の家老17人の一人で、長兄を戸次川合戦で、次兄が讃岐藤目城攻めで討ち死にしたため家督を継ぐが、主家・長宗我部氏の滅亡後浪人になり、後に池田家、紀伊徳川家に仕えちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment