大脇順若 - 安政年間山内容堂の密命を受け京都で朝廷の動向を探る

大脇順若(高知市)

[ 高知県高知市高見町 ]


大脇順若(おおわき まさより)に関しては、以前、潮江天満宮にある碑の記事で記載しちょりますき、省略いたします。

大脇順若の建てた碑 - 山内容堂の密命で三条実美と接触した人 2013-10-14

遠祖は藤原氏で、始祖とされる大脇助左衛門は織田信長に仕えちょった人で、享保6年(1721)に4代目になる大脇彌五郎忠陳が土佐藩第7代藩主・山内豊常に召抱えられたのが、土佐に於ける始祖じゃそうです。


[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment