不動ガ岩屋洞窟 - 1万年前の旧石器から縄文時代移行期の住居跡

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

[ 高知県高岡郡佐川町西山組  ]


佐川町を流れる柳瀬川に本郷耕付近で支流が合流しちょりますが、その支流沿いの道を約1Km程行った所に、石灰岩の露出した岩山があり、その裾の広場になっちょる場所に、「史跡 不動ガ岩屋洞窟」の石碑が建っちょります。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

史跡 不動ガ岩屋洞窟

昭和53年12月19日文部省指定

この洞窟は、いまから1万年前の、旧石器時代から縄文時代へ移る頃の住居跡で、奥行約8m、幅約4m、高さ約6mの主洞とそれとほぼ同規模の支洞とからなっている
昭和39年に高知県教育委員会、日本考古学協会によって発掘調査が行われ、旧石器時代終末期の特徴とされる有舌先頭器(石器)や細隆起線紋土器とよばれる日本でもっとも古い時代の土器とが同時に発見された


【 参考・引用 】  碑文より



不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

山沿いの道を上って行く。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

しばらく行くと、道の分岐した所に、標柱が建っちょります。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

← 左 洞窟道 | → 右 遊歩道

洞窟道の先を右に折れ、石段を上って行く。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

その先の岩肌に、大きく洞窟が口を開けちょります。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

主洞内に不動尊像が祀られちょりますが、これが不動ガ岩屋と呼ばれ由来ながです。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

不動ガ岩屋洞窟遺跡

国指定(史跡) 
         
この遺跡は縄文時代草創期(1万2000-1万年前)の高知県の代表的な遺跡である。

洞窟は石灰岩帯の鳥ノ巣石灰岩脈に属する佐川町西山にあるの聖獄の中腹の南斜面に開口している。
洞窟に不動尊が祀られていることから、不動ガ岩屋と呼ばれている。
この洞窟遺跡の調査は昭和39年と昭和42年の二度に渡って行われた。

主な出土遺物は、草創期の細隆線文土器片、有舌尖頭器、尖頭器、矢柄研磨器、局部磨製石斧、草創期末の押圧縄文土器片、早期の厚手無文土器、押型文土器片、打製石鏃、石錐、骨錐、タカラガイおよびイモガイの垂飾品等である。
遺物は、県立歴史民俗資料館に陳列されている。

【 参考・引用 】  説明板より


不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

主洞内部から見た右側の支洞。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

支洞の左奥(北側)。

不動ガ岩屋洞窟(佐川町)

ここで出土した石器の黒曜石は大分県国東半島沖に浮かぶ姫島産じゃそうだし、サヌカイトは香川県国分台(五色台)産じゃそうでして、1万年前に既に入手する手段等の交流文化圏が広がっちょったがでしょうか・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment