高見焼窯跡と陶器の灯篭台 - 灯篭台は明治7年に造られる

高見焼窯跡と陶器の灯篭台(香南市赤岡町)

[ 高知県香南市赤岡町高見  ]


高見焼窯跡と陶器の灯篭台

元禄年間より瓦製造から始まり、酒徳利、片口、五郎八茶碗に練瓦、植木鉢と日用品を製造していたが、戦後廃れた。
それらの雑器は昨今の民芸ブームの中で、赤岡焼と呼ばれ、その実用的素朴さが好事家の愛好を受けている。
明治七年製・金八奉献の陶器の灯明台が立っている。
また、ここに耐火煉瓦を積んだ塀があった。

【 参考・引用 】 説明板より


高見焼窯跡と陶器の灯篭台(香南市赤岡町)


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment