村田忠三郎 - 土佐勤王党の獄で山田橋獄舎に投獄される

村田忠三郎(香南市)

[ 高知県香南市吉川 ]


村田忠三郎は、兄・村田右馬太郎(帰本)とともに土佐勤王党に加盟しちょります。

江戸に出て千葉道場で剣を学んじょります。

五十人組にも加わり、山内容堂の警護として江戸に出、翌年、容堂が京に上り、土佐に戻るまで側役を務めちょります。

土佐勤王党への弾圧が始まると、捕らえられて山田橋獄舎に投獄され、藩吏・井上佐一郎殺害事件の容疑で、処刑されちょります。

【 参考・引用 】  『土佐の墓』 山本泰三・著 

 

村田忠三郎顕彰碑 - 土佐勤王党に47番目に加盟 2011-07-21
村田馬太郎 - 土佐勤王党に97番目に加盟 2016-04-14
村田角吾 - 土佐勤王党に98番目に加盟 2016-02-12


[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment