天石門別安國玉主天神社 - 式内社で天石門伝説の天手力男命を祀る

天石門別安國玉主天神社(越知町黒瀬)

[ 高知県高岡郡越知町黒瀬  ]


いの町から国道194号(高知市から愛媛県西条市に至る)を仁淀川沿いに約18Km行くと、仁淀川と支流の上八川川が合流する柳瀬上分の出来地にいたる。

ここで道は、仁淀川沿いに県道18号(伊野仁淀線)と、支流の上八川川沿いに走る国道194号に分岐しちょりますが、そこからさらに国道194号を北に約800m行った所に、バス停・宮ヶ奈路と傍に「ラーメン 自由軒 伊野出来地店」があるがです。

その丁度前辺りに、上八川川に架かる赤い橋がありますき、橋を渡って右に行くと、付きあたりに「天石門別安國玉主天神社」が鎮座しちょります。

天石門別安國玉主天神社(越知町黒瀬)

「天石門別安國玉主天神社」と何とも難しそうな名前じゃけんど、「 あめのいわとあけやすくにたまぬしてん神社」と読むがです。

天石門別安國玉主天神社(越知町黒瀬)

創建は不明じゃけんど、 『延喜式』神名帳にある土佐二十一座の一つの式内社になっちょりますが、実は、此処から約14Km程下った仁淀川沿いに、もう一つ同名の「天石門別安國玉主天神社」があるけんど、明治4年になって越知町黒瀬の方が本来の式内社だと確定した論社(似たような名の神社が二つ以上あって、どれが『延喜式』に記されている神社か決定し難いものをいう。)ながです。

現在は「黒瀬の天石門別安國玉主天神社」として知られちょります。

名称は、天神社を天神宮としたものもある。
祭神は天手力男命、 「天岩戸大明神」とも称したと『南路志』に云 う。
古来諸説の多くは上掲の神谷の神社を式社と比定して いるわけだが、『南路志』は『土佐國式社考』に云う秦山 説を否定し、当社を式社とする。
恐らく、維新に当って変革 の一端を示したものだろうか。
『南路志』が、当社に比する理由もまた前社のキメテと なった、元禄五年(一六九二)の棟札なのである。
『神社明細書』を見ると、式社を除かれた理由を氏子が 紙面を以て聞いた返事として「『南路志』ニ黒瀬村ハ川上 ニシテ古ヘ洪水ノ節棟札流し神谷村ヘ漂着シタルヲ拾ヒ上 ゲ祭ル云々ヲ趣旨」として云った。
氏子惣代は更に改正員 にただすと、「黒川ハ川上ノ浅ニ付、古ヘ洪水ノ時、流レ 来ルヲ拾ヒ上祭ルニ相違有間敷、(中略)若シ此ノ事改メテ 誤リ候時ハ神罰ヲ蒙リ侯テ毛若シカラズ」と答えている。
又「流レ来ルモノニ無之時ハ元緑年中神主高茂壹岐ノ姦術 ヲ以棟札ヲ偽造致シタルニ相違無之」と答えた。当地古領 主勝賀瀬氏が元親に攻められ逃亡の際、杉ノハナの古祀の 背後の岩穴にかくし置いた。
又、「黒瀬村の祭神天石門石 別神の合祭大日靈神ニテ祭日ハ九月廿二日ナリ 神谷ノ祭 神ハ天石門別神一柱ニシテ祭日ハ九月十八日ナリ」ともあ る。
明治四年未正月、社寺改正決議書として、右の内容を書 類にして社事係が発表したことにより一応決着した。

-『式内社調査報告』-

【 参考・引用 】  
天石門別安国玉主天神社 天石門別安國玉主天神社 (黒瀬)
サイト「玄松子の記憶」より引用


天石門別安國玉主天神社(越知町黒瀬)

御祭神「 天手力男神(あめのたぢからをのかみ)」とは、『古事記』では「天手力男神(あめのたぢからをのかみ)」、『日本書紀』じゃと「天手力雄神」と表記され、別名「手力男命(:たぢからをのみこ)」とされる神さんながです。

『古事記』じゃと「天石門別神」と「手力男神」は別の神だとされちょりますが、此処「天石門別安國玉主天神社」の御祭神が「 天手力男神(あめのたぢからをのかみ)」と言う事は、「天手力男神=天石門別神」として祀られちょるがです。

『古事記』の天孫降臨の段に登場する。
邇邇芸命(ににぎのみこと)が天降る際、三種の神器に常世思金神・天力男神・天石門別神を添えたと記され、同段で天石戸別神は又の名を櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)といい、御門の神であると記されている。
天孫降臨の段に登場する神の多くはその前の岩戸隠れの段にも登場しているが、この神は岩戸隠れの段には見えない。

天石門別神は古来より天皇の宮殿の四方の門に祀られていた神である。

【 参考・引用 】  天石門別神 - Wikipedia


天石門別神と言う神さんは、「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が「邇邇芸命=瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」が天孫降臨する際、一緒に随伴する神々を選び、其の中の一神が「天手力男神(=)天石門別神」を加え、「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」が政りを行うにあたって邪悪な者の進入を防ぐため御門の護衛を司る神さんじゃったがです。

『古事記』から「天岩戸伝説」を

誓約で身の潔白を証明した建速須佐之男命は、高天原に居座った。
そして、田の畔を壊して溝を埋めたり、御殿に糞を撒き散らしたりの乱暴を働いた。
他の神は天照大神に苦情をいうが、天照大神は「考えがあってのことなのだ」とスサノヲをかばった。

しかし、天照大神が機屋で神に奉げる衣を織っていたとき、建速須佐之男命が機屋の屋根に穴を開けて、皮を剥いだ馬を落とし入れたため、驚いた1人の天の服織女は梭(ひ)が陰部に刺さって死んでしまった。
ここで天照大神は見畏みて、天岩戸に引き篭った。
高天原も葦原中国も闇となり、さまざまな禍(まが)が発生した。
八百万の神が会議をしたとされる天安河原(天岩戸神社 宮崎県西臼杵郡高千穂町)

そこで、八百万の神々が天の安河の川原に集まり、対応を相談した。
思金神の案により、さまざまな儀式をおこなった。
常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。

鍛冶師の天津麻羅を探し、伊斯許理度売命に、天の安河の川上にある岩と鉱山の鉄とで、八咫鏡(やたのかがみ)を作らせた。
玉祖命に八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作らせた。

天児屋命と太玉命を呼び、雄鹿の肩の骨とははかの木で占い(太占)をさせた。
賢木(さかき)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、フトダマが御幣として奉げ持った。
アメノコヤネが祝詞(のりと)を唱え、天手力雄神が岩戸の脇に隠れて立った。

天宇受賣命が岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りして胸をさらけ出し、裳の紐を陰部までおし下げて踊った。
すると、高天原が鳴り轟くように八百万の神が一斉に笑った。

これを聞いた天照大神は訝しんで天岩戸の扉を少し開け、「自分が岩戸に篭って闇になっているのに、なぜ、天宇受賣命は楽しそうに舞い、八百万の神は笑っているのか」と問うた。

アメノウズメが「貴方様より貴い神が表れたので、喜んでいるのです」というと、天児屋命と太玉命が天照大神に鏡を差し出した。
鏡に写る自分の姿をその貴い神だと思った天照大神が、その姿をもっとよくみようと岩戸をさらに開けると、隠れていたアメノタヂカラオがその手を取って岩戸の外へ引きずり出した。

すぐにフトダマが注連縄を岩戸の入口に張り、「もうこれより中に入らないで下さい」といった。
こうして天照大神が岩戸の外に出てくると、高天原も葦原中国も明るくなった。

八百万の神は相談し、須佐之男命に罪を償うためのたくさんの品物を科し、髭と手足の爪を切って高天原から追放した。

【 参考・引用 】  天岩戸 - Wikipedia


因みに、天岩戸に関連する神社は沢山あるけんど、「天手力男神(あめのたぢからをのかみ)」が天岩屋戸の扉を放り投げ、その扉が落ちた所が、戸隠ソバの名でも有名な信州(長野県)戸隠高原にある「戸隠神社」ながです。

天石門別安國玉主天神社(越知町黒瀬)

神社背後に聳える崖の一部が露出して赤く見えちょる部分が、神の宿る赤嶽と呼ばれちゅう 磐座(イワクラ)ながでして、御神体じゃないかと・・・・・。

昔は、「戸別様(とあけさま)」と呼ばれ、縁結びの神さんとして近郷近在に聞こえた有名な神社で、祭礼にゃ大いに賑わっちょったそうですが、戦後は次第に賑わいも廃れて行ったそうです。

それに、昭和50年(19759)8月に県下を襲った台風5号は、山間部を中心に記録的な豪雨となり、仁淀川や鏡川等では大洪水となり山崩れや土石流も発生し、大きな被害をもたらしたがです。

その時、「天石門別安国玉主天神社」も被害に遭い、拝殿や幣殿は流出したけんど、奇跡的にも本殿は難を逃れたそうです。

現在の拝殿はその後に再建されちょりますき、一見、古さは感じられませんけんど、由緒ある神社でパワースポットながですよ。


MapFan地図へ
関連記事

  



2 Comments

森田 さんへ">

森田 さんへ  

Re: 土佐の山気(さんき)

森田 さんへ">

コメントありがとうございます。
走れる時に行って来んと何時行けれんようになるかもしれんきねー。
それに、高知にゃ歴史に埋もれて行きゆうもんが、こじゃんとあるきに。
と思うて、ただただ気力のみで奔走しよります・・・・・(笑)



2016/06/23 (Thu) 08:19 | 森田 さんへさん">REPLY |   

森田 明  

土佐の山気(さんき)

オンチャンよ、四年前、このサイトにたどり着いた頃は、あしと同じばあの年格好と想像しちょったけんど、大間違い。精力的な調査ぶりからすると、二回りは若いのう!
こんどは越智の黒瀬の戸分けさまを取り上げてもろうて、感謝しちょる。神社の真上にそびえる岩倉といい、なかなか迫力に満ちた神社、昔から気にしよったところなが。祭神の手力雄の娘は、高知市は朝倉神社で祀られて、土佐一宮の祭神の嫁さんになっちゅう。ひょっとして、土佐へ進出した越智一族の足跡を示したもんぢゃなかろうかと、想像しゆうところです。

2016/06/23 (Thu) 00:25 | REPLY |   

Leave a comment