得月楼(陽暉楼) - はりまや橋

080906-1.jpg

080906-2.jpg

[ 得月楼(陽暉楼)  高知/高知市南はりまや町 ]

宮尾登美子原作の「陽暉楼」って知っちょるかねぇ。

大正から昭和の初期にかけて、西日本一を誇った土佐は高知随一の遊興「陽暉楼」で繰り広げられた男と女、親と子の凄まじい葛藤を描いた小説で、1983年に東映から、映画にもなったがですけんど・・・・・。

監督は五社英雄で、緒方拳・池上季実子・浅野温子・風間杜夫・倍賞美津子・丹波哲郎・仙道敦子・小林稔侍等の俳優達が出ちよったがです。

その舞台になった料亭が、この得月楼(陽暉楼)ながです。


江戸時代、土佐藩では芝居や料亭は厳禁されていたが、明治に入り解禁となった。

禁制が解かれると鏡川湖畔にお茶屋町・玉水新地ができあがり、妓楼や芝居小屋では毎夜三味線や鼓の音が鳴り響き、男女が歓楽する町として賑わった。

陽暉楼は明治三年に創業。すでにいくつか大楼があったが当時としては斬新な企画を次々と開催した。

書画会を起こし、文人墨客を集め土佐ではじめて大墨画会を催したり、会席料理の導入、大広間に著名人の絵や書をかかげたりした。やがて名が高まり、連日賑わうようになった。

明治11年、中秋の名月の日に熊本城から凱旋した将軍谷千城の帰国祝いをかねて観月会を開催。その時、谷千城が「近水楼台先得月、向陽花木易為春」の詩から「陽暉楼」を「得月楼」と命名した。

得月楼(陽暉楼)のHPより抜粋


料亭言うたら敷居が高いようじゃけんど、気軽に「昼のお弁当」や「会席料理」等も利用できるようじゃき、高知旅行の想い出にどうぜよ。

要、予約等確認してや・・・


[ アクセス ]
・JR高知駅から土佐電鉄桟橋方面行きで5分、はりまや橋電停下車、徒歩3分
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment