浅川範彦博士顕彰碑 - 日本細菌学会に名を残した土佐人

浅川範彦博士顕彰碑(高知市)

[ 高知県高知市唐人町 ]


高知城の北側にある県庁北庁舎・高知県保健衛生総合庁舎入口脇の駐車場傍に、この「浅川範彦博士顕彰碑」は建てられちょります。

碑にも刻まれちょりますが、浅川範彦博士は中江兆民の従弟になります。

浅川範彦博士顕彰碑

慶応元年土佐秦泉寺生、中江兆民の従弟、明治十六年高知県立医学校卒、上京済生学舎に学び在学一年で内務省医術試験に合格しドイツ語を修得、明治二十二年開業免許を得て帰国、県立高知病院副院長となる、明治二十七年一月、ふたたび上京衛生会伝染病研究所入所、所長北里教授の柴三郎博士に師事明治三十三年官位伝染病研究所創設されるや所長北里教授の下に部長となり同研究所講習会主任として多くの後進を薫育コレラ、ペスト、 恙虫病(ツツガムシ)などの病疫に従事し名著実習細菌学総論、各論は六版、明治時代最高の細菌学教科書と評価さる。
明治二十七年十一月浅川が最も苦心して作ったヂフテリア抗毒素血清療法によってわが国の免疫血清療法は驚異的成績を以て開かれた、同ニ十九年丹毒培養細菌自家ワクチン治療の開発はワクチン療法の嚆矢でその功績は大きい、同三十一年破傷風毒素の病理解明同三十三年凝集反応によるホルマリン添加腸チフス診断液の創始など欧米に先駆し細菌学上極めて有益な業績を発表せること捨数の多きに上り免疫学の分野では第一人者となった、明治三十四年学位を得たが当時学問なくして、この栄誉を担うのは異例とされた。
明治四十年一月四十三才で逝去されたが北里柴三郎所長の提唱で浅川博士が学会に貢献した事績と研究所に与えた印象とは永へに滅することなけんと、その学勲を記念するため同志相計り基金を醵集して浅川奨学賞が制定され現在も日本細菌学会浅川賞として受け継がれ前年度発表論文中優秀なるものに贈呈され日本で最も古い権威ある学術賞として浅川博士の学徳が記念されている。

昭和六十一年三月建立
浅川範彦博士顕彰碑期成会

【 出典・引用 】  碑文より


浅川範彦 - 中江兆民の従兄弟にして明治時代の細菌学者で医学博士 2015-02-27
中江兆民 - 坂本龍馬に憧れを抱き 2013-03-16


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment