谷干城別荘跡 - 北山の三谷集落で晩年を過ごした別荘跡

月ノ瀬橋から見た高知市の北側

[ 高知県高知市三谷 ]


写真は月ノ瀬橋から高知市の北側を見た写真ながですが、東西に連なる山並みを高知じゃ通称・北山と呼んじょります。

その頂上の山並みの一角に別荘地帯か何かのように集落が見えちょりますが、今回の記事の目的の場所は、此処より下に約50m程下がった三谷の集落ながです。

干城別荘跡(高知市三谷)

此処三谷の集落にゃ、土佐西国第三番札所・三谷観音があるがですが、その話はまた別の機会にして、今回は坂本龍馬が暗殺された後、暗殺犯を新選組として追い、流山で新撰組局長・近藤勇を捕え斬首・獄門の惨刑にした、坂本龍馬を厚く尊敬しちょった谷干城に関わる場所ながです。

谷千城旧邸跡 - 硬骨の土佐人 2011-09-10
谷干城の墓 - 薩長藩閥とも距離を置き、土佐派の重鎮として 2011-12-26

三谷観音参道のちょっと急な上り坂を上って行くと参道脇に、 写真の石垣が見えて来る。

干城別荘跡(高知市三谷)

杭から説明板が外れて落ちちょりますき、気が付かん方もおるかも知れんけんど、此処が谷干城が晩年住んだ別荘跡ながじゃそうです。

干城別荘跡(高知市三谷)

干城別荘跡

干城別は熊本鎮台司令官として、明治十年の西南戦争での熊本城籠城で有名です。
のちに学習院長、農商務大臣等を歴任し貴族院議員、子爵となり、晩年、この地に別荘を建てて地元民とも親しく過ごし、時には「三谷居士」の名で中央に意見を出したりしています。
明治四十四年(1911)五月十三日没、七十五才、墓は郷里久万山にあります。

【 参考・引用 】  説明板より抜粋


干城別荘跡(高知市三谷)

此処は標高が約205m程の場所ながです。

五台山のテレビ塔のある辺りが約145m程ですき、其処よりさらに50m程の高さがある場所ですき、別荘跡からは眼下に高知市内の東側と、浦戸湾から土佐湾方面が一望できる眺望が広がっちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment