蓮池城主大平氏累代の墓所 - 土佐一条氏によって土佐大平氏は滅ぶ

蓮池城主・大平氏累代の墓所(土佐市)

[ 高知県土佐市波介四方寺 ]


土佐市波介の四方寺地区の民家の奥まった場所に、「蓮池城主・大平氏累代の墓所」がある。

蓮池城主・大平氏累代の墓所(土佐市)
「蓮池城主大平氏累代為菩提也」と刻まれた墓標の一段上に、数基の塚が一ヶ所に固まって並んじょります。

蓮池城主・大平氏累代の墓所(土佐市)

蓮池城主大平氏累代の墓所

蓮池城は、蓮池権頭家綱によって始まったが、源氏の台頭により家綱は頼朝方によって討たれた。
その後は、建久3年(1192)源氏方の藤原国信が守護に任ぜられ、大平氏を名乗って蓮池城に入り、代々勢力の拡張を図り、一方では文化の高揚につとめ、社神の造営修築を行うなど多くの業績を残している。
応仁の乱後、群雄割拠の時代に入ると土佐七族の雄に数えられた大平氏も、一条房基の軍に追われ、天文15年(1546)城主国興は戸波積善寺に自刃し、350年余高東の地に豪族として君臨した大平氏は滅亡した。
この地四方寺には、かつて同名の菩提寺があって、ここに累代の塚が祀られている。
なお、自刃した積善寺には、大平国興主従の墓がある。

【 参考・引用 】  土佐市の説明板より




MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment