藤戸億羅 - 俳人で武市瑞山の妻・富さんの晩年の診察にあたった医師

藤戸億羅の墓と句碑

[ 高知県安芸郡芸西村西分郷 ]


以前に御紹介しちょります芸西村にある坂本龍馬と海援隊で活躍した、安岡金馬の先祖の墓所の近くに、藤戸億羅の墓と句碑があるがです。

安岡金馬の父九代目・安岡忠郷の墓 - 庄屋職を務めよった 2013-10-23


藤戸億羅句碑の説明板

藤戸億羅句碑

安岡家墓所の西側、藤戸家の墓所と共に藤戸億羅(本名・譲治)の句碑がある。

この村乃 麦四五寸や ゴリの味

億羅は本業である医者のかたわら俳句をよくたしなんだ。
正岡子規や河東紺梧桐らとも交流があったという。
中央では句会「曲水」、高知では「土佐」に所属し、没後に遺句集「枕頭」が杉本恒星によって編まれた。

また、大正6年(1979)に亡くなった、武市半平太の未亡人富子の晩年に診察にあたったのは億羅であった。
その時に詠んだ句が残っている。

腹癌に 重さくわわる 藁布団

【 参考・引用 】  説明板より 




[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment