晩年の勝邸通用門 - 石神井・三宝寺に移築

晩年の勝邸通用門 (石神井・三宝寺)

[ 東京都練馬区石神井台・三宝寺 ]


三宝寺山門の傍に通用門(長屋門)と刻まれたプレートがあるがですが、元は勝海舟が明治5年(1872)から晩年を過ごした赤坂にあった屋敷の表門じゃったそうです。

晩年の勝邸通用門 (石神井・三宝寺)

現在の姿は勝海舟が住んじょった頃より、その後の所有者によって手が加えられ改造されちゅうようです。

勝安房(勝海舟)邸跡 - 晩年を過ごした場所 2013-05-04
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment