新村不動 - 室戸岬の御厨人窟と同様に空海が修行した場所

新村不動(行当岬)
 
[ 高知県室戸市元甲  ]


室戸ジオパーク - 行当~黒耳海岸のある行当岬の新村遊歩道の近くに新村不動はあるがです。

写真は、新村遊歩道側から見た新村不動ながです。

室戸ジオパーク - 新村遊歩道 2014-11-04

新村不動(行当岬)

国道に面した入口側に、写真のような大きな看板が設置されちょります。

新村不動(行当岬)

ここも、室戸岬の御厨人窟と同様に、空海が修行した場所ながです。

御厨人窟 - 若き日の修業の地で「空海」誕生の地 2014-10-20

新村不動(行当岬)

けんど、あんまり此処にお遍路さんが参拝する事は少ないようですねー。

団体でのバス巡礼をしゆうお遍路さんは勿論スルーするし、歩き遍路の方でも本来の遍路道の迂回路になるようですき此処に足を運ぶがは少ないと、出会った地元の人が言いよりました。

新村不動(行当岬)

空海は此処で修業をし、毎日4Km程離れた第26番札所・金剛頂寺まで毎日行き来しよったそうで、「行当」と言う地名も「行道」からじゃないかと言われちょるようです。

金剛頂寺 - 四国霊場第二十六番札所 2015-06-10

説明板にもあるように、金剛頂寺は女人禁制で婦女子は入山する事は出来んかったようで、明治まではこの地から遙拝した事から女人堂とも呼ばれちょったそうです。

岩戸の立岩 - 女人結界の道しるべ 2015-01-16
女人用標石 - 第26番札所・金剛頂寺 2015-01-28

新村不動(行当岬)

ここ空海修業の地には2つの空海所縁の場所があるがですが、その一つ目の修業御座石ちゅうがは不動堂の裏の断崖の下にあるがで。

新村不動(行当岬)

写真じゃとちょっと高さとか断崖の様子が判りずらいけんど・・・・・。

新村不動(行当岬)

二つ目の空海所縁の場所は、不動堂の西側にある約高さが40m程の不動岩の中腹にあるがです。

新村不動(行当岬)

「御厨(みくりや)」と呼ばれる、空海が起居しよった場所と言われちょります。

新村不動(行当岬)

写真は、不動堂の西側になる黒耳海岸から見た不動岩です。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment