金剛頂寺 - 四国霊場第二十六番札所

 第26番札所・金剛頂寺(室戸市)

[  高知県室戸市元  ]


厄坂の石段を上って行くと、途中に山門があるがです。

 第26番札所・金剛頂寺(室戸市)

山門にゃ、大きな藁草履が奉納されちょり、仁王像はすっかり影に隠れちょります。

 第26番札所・金剛頂寺(室戸市)
金剛頂寺は、正式にゃ龍頭山 光明院 金剛頂寺と言い、別称・西寺とも言うがです。

寺伝によれば、嵯峨天皇の勅願により大同2年(807)に空海(弘法大師)が薬師如来を刻んで創建したという。
『南路志』(江戸時代の土佐の地誌)所収の寺記によれば、大同元年、唐から帰国途次の空海が当地に立ち寄り創建したとされる。
同寺記によれば、嵯峨天皇、淳和天皇が勅願所とし、住職も十代まで勅命によって選定されたという。
延久2年(1070)の「金剛頂寺解案」(こんごうちょうじげあん、東寺百合文書のうち)によれば、当時の寺領は現・室戸市のほぼ全域にわたっていた。
中世には長宗我部元親が寺領を寄進しているほか、土佐藩主山内家の祈願所とされた。
明治32年(1899)の火災で伽藍を焼失し、現存する堂宇はその後の再建である。
阿南室戸歴史文化道の指定を受けている。

【 参考・引用 】  金剛頂寺 (室戸市) - Wikipedia


 第26番札所・金剛頂寺(室戸市)
金剛頂寺は標高が約200m程の土佐湾に突き出た「行当岬」の頂上に建っちょり、ここから室戸岬方面の眺望が一望できます。

因みに、ここは硯が産出するので硯が浦と言われちょったそうです。

ここから第25番札所・津照寺までは直線距離で約3.2km、第24番札所・最御崎寺までは約8.1Kmながです。 


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment