伊尾木洞 - シダ群落は国指定天然記念物

伊尾木洞(安芸市伊尾木)

[ 高知県安芸市伊尾木  ]


前回御紹介した「寅さん地蔵」より東に約100m程の所に川があるけんど、その上流側に伊尾木洞への入口が開いちょります。

伊尾木洞(安芸市伊尾木)

洞と言うても入口から20~300m粗の部分が浸食されて出来た洞窟状になっちょり、大昔周囲が海じゃった頃に波によって浸食され出来た天然の洞穴ながです。

入口はこの洞からだけでして、御覧のように中を川水が流れちょります。

そのため、晴天が続いちょったら靴(ただ、布製は濡れますぜよ)も然程濡れる事はないですが、雨が降った後数日は水嵩が増えちょりますき、長靴が必要ですねー。

伊尾木洞(安芸市伊尾木)

その洞を抜けると、まるで別世界の渓谷のような空間が広がっちょります。

伊尾木洞(安芸市伊尾木)

実は此処は、「伊尾木洞シダ群落」と言うて、国指定の天然記念物に指定されちゅう場所ながです。

伊尾木洞シダ群落 

国指定天然記念物 1926(大正15)年10月20日指定

指定されているシダの種類(7種類)
ホウビシダ、コモチシダ、ノコギリシダ、ホウライシダ、ハゴロモシダ(別名・マツザカシダ)、シロヤマゼンマイ、クリハラン

ここ伊尾木洞シダ群落の7種のシダは、日本列島の温暖な地帯に広く分布しており、伊尾木洞だけに生息するものではありませんが、多くの種類が1ヶ所に生息のは大変珍しいために、国の天然記念物に指定されています。

シダの好む生育の条件は種類によって異なりますが、この洞穴の温度と湿気と適度な光線、そして岩石の多い崖状の地形がシダの生育条件を満たしているため、このように多くの種類のシダが、共生繁殖しているのです。

これらのシダが繁殖し続け、後世にもその姿を留めていくことができるよう、シダの採取・伐採などないよう保護にご協力下さい。

2008年5月 安芸市教育委員会


伊尾木洞(安芸市伊尾木)
伊尾木洞(安芸市伊尾木)
伊尾木洞(安芸市伊尾木)
伊尾木洞(安芸市伊尾木) 文字色

【 修正 】

当初、「周囲の地質は四万十帯と呼ばれる白亜紀~古第三紀の石灰質砂岩で、所々にその頃の「貝の化石」も見ることが出来ます。」と書いちょりましたが、「ブログ拍手」の書きこみに投稿者 : Mr.Tさんより「地質は上部鮮新世の「唐の浜層群」に属する礫岩などの堆積岩です.」との御指摘をいただきましたので、此処に修正しちょきます。

修正日 : 2015.09.06


ですき、説明板にゃ書かれてないけんど、シダ類だけじゃのうて、周囲の地質の景観や化石なども含めて貴重な空間を形成しちょるがですき、本来は「貝の化石」も採ったら遺憾ぜよ・・・・・。

『伊尾木洞』 

市街地をはずれたところに、伊尾木洞はあります。
周辺が海だった頃、波の浸食することにより出来た天然の洞で高さは約5m、幅は3mぐらいの広さで全長は約60mほどです。
その奥は渓谷に続いていて普段は足を浸すくらいの水が流れ出ています。
また洞の壁には貝の化石が見られるところもあります。

『シダ群落』

この洞の終わるところの壁に、またその先の渓の岸に、天然記念物のシダが生えています。
国の天然記念物に指定されているのは、ホウビシダ、ホウライシダ、ノコギリシダ、クリハラン、ハゴロモシダ、コモチシダシロヤマゼンマイの熱帯性シダ類です。
このように、1ヶ所に多くの種類のシダが共生しているのは、とても珍しいとされており、大正15年には、国の天然記念物にされています。

社団法人 安芸市観光協会 - 志と文化のまち 高知県安芸市 - 伊尾木洞:



渓谷内に裸婦像が置かれちょり、ミスマッチ感があるけんど苔蒸した感じがちょっとミステリアスです。

伊尾木洞(安芸市伊尾木)

伊尾木洞(安芸市伊尾木)


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment