浅川範彦 - 中江兆民の従兄弟にして明治時代の細菌学者で医学博士

浅川範彦墓

[ 高知県高知市北泰泉寺 ]


墓碑にゃ、「医学博士 従五位 浅川範彦墓」と刻まれちょります。

左後ろは、お母さんの墓石です。

浅川範彦は慶応元年(1865)土佐郡秦村(現・高知市)の土佐藩士・浅川範應の二男として生まれちょります。

幼少より医学が好きじゃったようで県立医学校で医学を学び、卒業後上京して済生学舎に入り、明治22年(1889)医師免許を取って帰郷し、明治26年(1890)に高知病院に招かれて副院長になっちょります。

済生学舎とは、明治9年(1876)越後長岡藩の軍医じゃった長谷川泰が西洋医の育成のために創設した日本最古の私立の医学校で、今日の「日本医科大学」の前身ながです。


翌明治27年(1891)再び上京して北里柴三郎に師事し、数多くの後進を育成し、コレラ・ペスト等の伝染病の防疫の研究に従事しちょります。

特にジフテリア血清療法の研究では大きな業績を残し、丹毒治療法と呼ばれる丹毒の治療法の研究開発に於いても大きな功績を残しちょります。

明治32年(1899)国立伝染病研究所部長となり、破傷風の毒素の研究に於いても毒素が神経中枢を侵すことを原因までつき止め、明治34年(1901)に医学博士の称号を得ちょります。

明治40年(1907)43歳の若さで東京で病死しちょります。

北里柴三郎医学博士の弔詞

「・・・・・されど君が此の研究と君の勉強とは、やがて君をして痼疾に陥らしめ、遂に今日の痛恨を見るに至れり。鳴呼悲しい哉・・・・・」

【 参考・引用 】  
『細菌学雑誌』明治40年(1907)より (現『日本細菌学雑誌』)


余談じゃけんど、弔詞に「痼疾(こしつ)に陥らしめ・・・」とあり、意味は「長引いて、いつまでもなおらない病気とか持病」を指す言葉のようですき、病名として一番考えられるがは「結核」ですろーか・・・・・。

日本では、明治初期まで労咳(ろうがい)とも呼ばれちょり、特に明治から戦前までは「国民病」とか「亡国病」とも呼ばれちょったそうです。

現在では抗生物質で治るようになっている病気じゃけんど、治療できる薬もない時代にゃ「不治の病」とされ、沖田総司(新撰組隊士)・高杉晋作(長州藩士)・石川啄木(詩人)・樋口一葉(歌人)・正岡子規 (俳人)・滝廉太郎(音楽家)・竹久夢二(画家・詩人)ら、多くの有名人も労咳(結核)に罹り死に至っちょります。

北里博士は、彼の業績を記念して「故医学博士浅川範彦君記念奨学資金(浅川賞)」と言う学術賞をを設立して、彼の医学界に於ける貢献を称えちょります。

浅川範彦墓

最初の墓石のようです。

浅川範彦墓

現在の墓石は新たに再建されたようで「昭和六十一年七月吉日再建 日本細菌学会 北里研究所」と刻まれちょります。

【 参考・引用 】  
『高知県人名事典』 高知新聞社 (平成11年)
『土佐の墓』 山本泰三・著 土佐史談会 (昭和62年)
浅川範彦 - Wikipedia:


記事タイトルにも書いたように、浅川範彦と中江兆民は従兄弟の間柄で、兆民の父の弟が浅川範彦医学博士の父・浅川範應になるがです。

喉頭癌で余命1年半と宣告された中江兆民が残した、日々思うままに綴った遺書のような『一年有半』にも、喉の腫れによって呼吸困難になるため、気管切開と言う処置に関して、兆民の奥さんが浅川範彦を呼んで相談したとの記述があるがです。

【 参考・引用 】   『一年有半』 中江兆民(博文館 明治34年)


浅川範彦墓

東京の青山霊園にも、お墓があります。


[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment