野根山二十三烈士殉節の地 - 藩は一度の取り調べもせず極刑に処す

野根山二十三烈士殉節の地

[ 高知県安芸郡田野町 ]


田野町と奈半利町の境を流れる奈半利川右岸に、写真の二十三士公園はあるがです。

野根山二十三烈士殉節の地

此処が、元治元年(1864)9月5日、一連の土佐勤皇党の獄で捕えられ投獄された武市瑞山や勤王党員の助命嘆願や藩論の挽回を目的に、安芸郡下の同志が野根山に屯集したが、土佐藩は反逆を画するものとして捕え、首領・清岡道之助以下二十三烈士が、此の地で処刑された殉節の地ながです。

野根山二十三士の殉難

野根山二十三士の記念碑(田野町奈半利川河畔)

文久3年(1863年)の八月十八日の政変以後、前藩主山内容堂により勤王党の大弾圧が行われ、武市はじめ土佐勤王党の主要メンバーは軒並み投獄された。
勤王派志士らは武市の救出による体制の立て直しを企図し、各地で指導的立場に立つ者が高知城下に集結して、その方法を協議することとなった。
安芸郡の指導者であった清岡は、同志が一体となって藩庁に武市の開放を迫り、遠隔地の安芸・幡多二郡の志士は決起して威勢を示し、藩が要求を容れない場合は実力で獄舎を開放して、一同で長州に脱走するべきと主張した。
しかし大石弥太郎ら多数派は、清岡の主張を過激すぎ、また武市は救出しても長州には行かないだろうと考えて同調しなかった。
元治元年(1864年)6月、大石らは藩庁に対し正面から嘆願書を提出するが、要求は受け入れられなかった。

同年7月26日、清岡と配下・門弟併せて23名(「野根山二十三士」)は野根山街道の岩佐番所に武装して屯集し、武市の解放と藩政改革を訴えた。
岩佐番所は土佐三関の一つに数えられる要害の地であり、かつ番頭・木下嘉久次は同志であった。
目的が達せられない場合は国境を越え、海路にて京坂に向かい、禁門の変直後の京都において国事に尽力する計画であった。

野根山屯集の知らせは高知城下を大いに震撼させた。
藩庁はこの行動を反乱とみなして強硬策を採ることとし、大監察・小笠原唯八率いる藩兵を派遣して鎮圧に向かった。
これに対し清岡らは戦火を交えることなく阿波国へ逃れるが、海路での逃走には失敗し、阿波藩によって藩庁に引き渡された。
再び野根山を超え9月3日に田野奉行所に収容され、2日後の9月5日、一切の取り調べもなされぬまま、奈半利川河原にて全員が斬首された。
清岡の首は高知へ送られ鏡川河畔で三日間晒されたが、彼の妻は、遺体の首を繋ぎ合わせて葬ったという。

長州で清岡らの殉難の報に接した中岡慎太郎は、この事件を受けて「涙をかかへて沈黙すべし。外に策なし」と土佐の同志に対し自重を呼びかける手紙を送っている。

処刑された二十三士の墓は清岡家の菩提寺である福田寺(田野町)の境内にある。
処刑地となった奈半利川河原は彼らを記念する公園となっており、浜口雄幸の揮毫による記念碑が建立されている。

【 参考 ・引用 】    清岡道之助 - Wikipedia:


野根山二十三烈士殉節の地

元治元年(1864)田野の郷士清岡道之助を首領とする安芸郡の尊王攘夷派23名は野根山(北川村)に集結し藩につながれている土佐勤皇党主武市瑞山らの釈放と藩政の改革を要請した。
藩ではこれを謀反をはかるものとしてしりぞけ、討伐軍を派遣、道之助ら一行は阿波(徳島県)に逃れたが蜂須賀氏の兵に捕えられて安芸郡奉行所(現・中芸高校)に送還されたのち一度の調べもなされないまま9月5日この地にて全員斬首された、平均年齢25歳の若者達の墓は福田寺境内にあり、この碑は昭和5年田野町出身浜口雄幸元内閣総理大臣の揮毫により青年団が建立したものである。

昭和63年3月吉日 田野町

【 参考 ・引用 】  碑文より


現在の記念碑は、昭和5年の天皇御大典記念として建てられちょります。

野根山二十三烈士殉節の地

写真は、国道55号線(土佐東街道)の奈半利川に架かる橋か上流側をみた風景ながです。、


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment