田中屋 - 明治7年から勝海舟の紹介でお龍さんが働きよった料亭

お龍が働いていた神奈川宿・田中屋

[ 神奈川県横浜市神奈川区台町 ]


横浜駅の西側、昔神奈川台町と呼ばれた辺りの旧東海道沿いに料亭「田中屋」があり、店の看板にゃ「文久3年」と書かれちょります。

この料亭「田中屋」さんのHPにゃ下記のように書かれちょります。

海の眺めを楽しむため、台町の坂道沿いにはたくさんの腰掛け茶屋が並んでいました。
その様子は、広重による「東海道五十三次」の神奈川・台之景にも描かれています。
その絵をじっくり眺めますと、坂の上から三軒目に「さくらや」という看板の文字が読めます。
これが、現在の田中家の前身です。

幕末の頃、文久三年(1863年)に、田中家の初代がそのさくらやを買い取り、「田中家」がスタートしました。
その少し前、安政六年(1859年)に横浜開港が決まり、各国の領事館がつぎつぎとこの近辺に置かれました。
また、多くの外国人が商館を構えるなど、横浜はこのあたりを中心に国際都市として発展していきます。


お龍が働いていた神奈川宿・田中屋

「おりょう」が田中屋で働き始めたのは明治7年。
勝海舟の紹介で働らいていたと伝えられています。
英語が話せ、月琴も弾くことができた「おりょう」は、外国人の接待に重宝されていました。

【 参考・引用 】  説明板より


お龍が働いていた神奈川宿・田中屋

龍馬の妻おりょうのはたらきと、その評判

幕末の偉人、坂本龍馬の妻おりょうは、龍馬亡きあと、ここで住み込みの仲居として勤めてくれていました。
月琴を奏で、外国語も堪能で、物怖じしないまっすぐな性格が、ことに外国のお客様に評判だったといいます。
横須賀に嫁いでいき、田中家をやめたあとも、ひいき客からいつまでも話題に上ったということです。
龍馬からおりょうにあてた恋文が、今も田中家に残っております。

【 参考・引用 】  料亭・田中屋さんのHPより


神奈川・台之景
安藤広重「東海道五十三次」の神奈川台之景に描かれちゅう「さくらや(現・田中屋)」さんの建っちょる場所は、標高が22.6m程の高台にあり、坂の左下(現・横浜駅方面)は海じゃったがですねー。

現在は、坂の上から見渡しても眼下にゃビルが立ち並び、かつて其処は海じゃったと言う風情は感じられんかった。
関連記事

  



2 Comments

ヌコヲヤヂ さんへ">

ヌコヲヤヂ さんへ  

Re: おりょう

ヌコヲヤヂ さんへ">

コメントありがとうございますい。

> おりょうが英語を喋れたのは多分話を美化しているのだと思いますがどうでしょうか。

そうだと思います。
ただ、坂本龍馬の海援隊が『和英通韻伊呂波便覧』を出版してるので、お龍さんもこの本を見ていたかも知れません。
ですから龍馬の影響で、簡単な片言の単語を並べての会話は出来たのかも・・・・・。
文明開化の世の中で、一般の女性で、それも料亭の女中さんが片言でも話せたら「へー、凄い!」って風に周りは見ますよねー・・・・・

2015/02/19 (Thu) 12:57 | ヌコヲヤヂ さんへさん">REPLY |   

ヌコヲヤヂ  

おりょう

こんにちは
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
おりょうが英語を喋れたのは多分話を美化しているのだと思いますがどうでしょうか。また再婚相手もぱっとしないイメージがあるのは龍馬が偉大過ぎたからでしょうか。女の生き方なので時代的にも心情が分かりませんが、流れた人生だったのでしょうね。

2015/02/19 (Thu) 05:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment