スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



浄貞寺山門 - 江戸時代中期に再建された安芸市文化財

浄貞寺山門 - 安芸市文化財

[ 高知県安芸市西浜 ]


ここは、長宗我部軍と戦い敗れた安芸国虎を始め安芸氏の菩提寺としてしられちゅう浄貞寺ながです。

安芸城 - 土佐の七守護の一人、安芸国虎の居城 2011-09-08

寺の説明板によると、南国市比江にあるの末寺じゃそうです。

乾の大墓 - 乾氏一族の墓所 2009-12-04
永源寺 - 土佐藩家老・乾氏の菩提寺 2009-12-03

浄貞寺山門 - 安芸市文化財

明応年間と言うき、1492年から1501年の室町時代じゃけんど、安芸国虎の祖父・備後守元親が創立した寺じゃそうで、それゆえ寺の山号を「元親山」と称し、寺号は元親の法号「正仲浄貞」からとって、「元親山浄貞寺」と言うがじゃそうです。

浄貞寺山門 - 安芸市文化財

この山門は、江戸時代中期に再建されたそうで、蛙又は「橘」の家紋になっちょります。

昭和39年に安芸市の有形文化財として指定されちょります。

お山のお猿 - 弘田龍太郎の曲碑 2010-08-19

【 参考 ・引用 】    浄貞寺の説明板




MapFan地図へ
関連記事

  



- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。