行当の切抜 - 野中兼山の遺跡の一つ

行当の切抜き

[ 高知県高知市春野町弘岡上行当 ]


此処が、野中兼山の遺跡の一つ「行当の切抜」ながですが、石碑も道路から一段高い場所にあり、車じゃったら多分気が付かんじゃろう。

野中兼山が、仁淀川に八田堰を造り、そこから引いた水はこの行当(ゆきとう)の切抜を通り、春野の大地に約16kmの幹線井筋が流れ、更に諸木から唐音の切抜を抜けて、浦戸湾にも注ぐ難工事をしちょります。

お蔭で、今日の春野は「土佐のデンマーク」とも呼ばれる豊かな大地が広がっちょります。

兼山の遺跡

土佐藩の執政の野中兼山は吾南平野の灌漑と水運の為掘鏧を計画し慶安元年着工五年後の承応元年完成した。

碑文より抜粋


行当の切抜き

史跡 行当の切抜

高知市指定 史跡 指定年月日 昭和 35年

野中兼山の遺構です。
兼山は元(1648)年から一木権兵衛を中心に、五年で八田堰、弘岡井筋を完成させました。
井筋は八田堰から弘岡上を通り、小田、川窪でそれぞれ水を東にわけ、森山新川で仁淀川の旧支流を開削した新川川に接続します。
この工事によってつくられた用水路が春野の各地をうるおし、のちに「土佐のデンマーク」といわれた園芸地帯の形成に大きく貢献しました。
この工事の中で、最も困難だったと想像されるのが、用水路を通すために山を断ち割った切抜工事です。
工事に火薬を使っていなかった時代のことで、ノミとツチで岩を割っての作業は大変な工事であったと考えられ、その厳しさは「イモジ十連」や「春兎通ったあとが百貫目」などの伝説などからうかがえます。
行当の切抜の規模は、高さ10m、幅10m、長さ40mです。周辺の改良工事によって当時のようすとは大きく変わっていますが、南側の切りたった岩盤は兼山当時の切抜の一部分と考えられています。

【 参考 ・引用 】  
文化財情報 史跡 行当の切抜 - 高知市公式ホームページ:


一木権兵衛 - 難工事・室津港開鑿を成し人柱として海神に身を捧げる  2014-09-01


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment