スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



大石甚吉 - 堺事件・四番目に切腹

大石甚吉墓

[ 高知県高知市東孕 ]


浦戸湾の東孕(ひがし はらみ)、鬱蒼とした竹藪に覆われた山中に、大石甚吉の墓はあるがです。

大石甚吉は天保2年(1831)に生れ、名を良信と言うがです。

土佐藩の泉州堺表警備隊・八番隊小頭として派遣されるがですが、慶応4年(1868)2月15日に起きた泉州堺事件の責任をとらされて4番目に切腹しちょります。

烈士殉難碑 - 堺事件関係者 2011-02-22

大石甚吉墓

墓碑左面にゃ、下記のように刻まれちょります。

明治元戊辰年二月廿三日 於泉州皇國為公法 賜自死ノ一人為

(明治元年二月十五日 泉州左海(堺)に於いて皇国公法の為 自死を賜るの一人なり)

大石甚吉墓

背後にゃ、辞世の句が。

我もまた 神の国(みくに)の種ならば なおさぎよき きょうの思い出 良信 辞世

大石甚吉墓

周囲にゃ、一族の墓石が並んじょります。

因みに、兄は大石正巳ながです。

自由民権運動に従事し、国会開設願望運動に奔走し、開設後代議士に選ばれること六回、憲政党内閣には農商務大臣となる。
晩年は政界を退いて禅に隠れ、次第に世と遠ざかった。
昭和10年(1935)歿、81才

大石正巳とは - コトバンク:


【 参考・引用 】 
『高知県人名事典』 高知新聞社 (平成11年)
『土佐の墓』 山本泰三・著 土佐史談会 (昭和62年)




[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



- 1 Comments

K.大石 さんへ">

K.大石 さんへ  

Re: 大石家について♪

K.大石 さんへ">

コメントありがとうございました。

> 甚吉さんのお兄さんが正巳さんというのは本当ですか?

そうです。

青山霊園に眠っています。

2016/03/19 (Sat) 07:58 | K.大石 さんへさん">REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。