斉藤一 - 「るろうに剣心」にも登場する新撰組三番隊隊長

斉藤一墓

[ 福島県会津若松市・阿弥陀寺 ]


斉藤一は、妻の高木時尾の母方の姓・藤田姓を名乗り、藤田五郎と改名しちょります。

斉藤一墓

NHK大河「八重の桜」では、妻の高木時尾役を「貫地谷しほり」さんが演じちょりましたねー。

松平容保の仲人で一緒になり、此の地で夫婦一緒に眠っちょります。

斉藤一墓

坂本龍馬とは直接の接点は判らんけんど、坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺(近江屋事件)された事件の黒幕が「いろは丸沈没事件」で苦湯を飲まされた恨みを持つ紀州藩じゃとして海援隊士や陸援隊士から紀州藩公用人・三浦休太郎が狙われるがです。

此の時、紀州藩は新選組に三浦休太郎の警護を依頼し、護衛に付いた一人が斎藤一ながです。

そして慶応3年12月7日(1868)、海援隊・陸援隊士ら総勢16名が襲撃する天満屋事件が起こるが。

天満屋事件 - Wikipedia

慶応4年(1868)1月鳥羽・伏見の戦いから戊辰戦争が始まり、幕府軍は敗退して行くがですが、新撰組も同様に戦力が低下して行った。

その後、隊士の一部を率いて会津へ逃れたとされちょります。

斎藤一 - Wikipedia:

会津で新政府軍と戦うけんど松平容保が降伏した後、会津藩士と旧会津藩領の塩川や越後高田で謹慎生活を送った後、下北半島へ赴いちょります。

明治7年(1874)東京に移り警視庁に採用され、明治10年(1877)の「西南戦争」に参加しちょります。

大正4年(1915)72歳で没。

因みに映画『るろうに剣心』じゃ、「江口洋介」が演じちょりました。

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment