安岡覚馬 - 土佐勤王党に63番目に加盟

安岡覚馬墓

[ 高知県香南市香我美町山北 ]


安岡覚馬は、香美郡山北村(現・香南市)の郷士・安岡源右衛門の三男として生まれ、土佐勤王党にゃ63番目に加盟しちょります。

長兄は恒之進、次兄・権馬は土佐勤王党に88番目に加盟し三兄弟共に勤皇活動をし国事に奔走したようじゃけんど、詳しい事は判りません・・・・・。

墓碑にゃ、慶応三年丙寅十一月十三日 享年二十有五歳と刻まれちょります。

因みに、安岡源右衛門の弟・安岡文助の子供たちが安岡覚之助・嘉助・道之助(後、道太郎)になるがです。

安岡嘉助は吉田東洋暗殺の実行犯の一人で、天誅組に加わり鷲家口の戦いで捕縛され京都の六角獄に投獄され処刑されちょります。

安岡道太郎 - 安岡三兄弟の三男 2012-02-24
大和殉難烈士之碑 - 維新の礎・天誅組壊滅  2010-10-11
山北両烈士の碑 - 安岡覚之助、嘉助兄弟 2008-12-26


[ 注意! ]
■ 山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment