スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  



新改古墳 - 6世紀後半から7世紀初め頃の高知県内じゃ最大級の古墳

新改古墳

[ 高知県香美市土佐山田町新改 ]


この新改地区にゃ、この古墳の他にもいくつかあるけんど、最も大きいががこの新改古墳で、高知県内じゃ最大級と言われちょります。

新改古墳

土佐山田町教育委員会の建てた説明板にゃ、今から1300年程前とありますき、飛鳥時代から奈良時代に造られた古墳じゃそうです。

新改古墳
[ 古墳東側 ]

新改古墳
[ 古墳西側 ]

新改古墳
[ 古墳入口から見た内部 ]

直径約15m、高さ約5mの横穴式円墳ながでして、出土した副葬品は、現在、高知県立歴史民俗資料館に保管されちょるそうです。

因みに、此処は、個人のお宅の一角になりますき・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



- 1 Comments

芋上  

古墳が。。。

古墳が自宅の一角にあるってどんな気持ちなんでしょうかね!?
怖いやら、誇らしいやら不思議な気分でしょうね!(笑)
失われた部分があるにしろ飛鳥時代の遺跡が残っているのは本当に嬉しいですね!
この古墳に眠っていた方はどのような生活をしていたのでしょうか。妄想が止みません!

2014/09/17 (Wed) 21:18 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。