国澤城跡 - 城主・国澤将監は元は本山氏の配下の将

国澤城跡

[ 高知県高知市堺町辺り ]


土佐の戦国時代、現在のはりまや橋交差点の南西方向の一角に、国澤将監が城主じゃった国澤城があったとされちょりますが、現在、当時の面影を残すものはなんちゃー残っちょりません。

当時のこの辺りは鏡川の湿地帯じゃった場所で、僅かに盛り上がった中州のような場所に、城と言うより砦のような構えじゃったと思われるがです。

城主・国澤将監は本山氏の幕下の将也。

・・・・・永禄3年(1560)元親、潮江(潮江城)を撃ち、勝に乗じ進んで国澤城に至る。

城主・国澤将監降る。

【 参考・引用 】  『土佐國古城略史 全』 宮地森城・著


長宗我部に降伏した事で旧領を安堵され、長宗我部元親に仕え国澤城を守っちょったようじゃけんど、長宗我部盛親が関ヶ原の戦に敗れ、結果、長宗我部氏は滅亡するがですが、この時に当時の国澤城主じゃった国沢能明は香美郡山田村(現・香美市土佐山田)に隠棲したとか・・・・・。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment