安政地震・津波の碑 - 津波の被害を後世に伝える貴重な石碑

安政地震・津波の碑

[ 高知県土佐市宇佐町萩谷 ]


土佐市指定文化財(史跡) 安政地震・津波の碑

この碑は、宝永4年(1707)に発生した地震及び安政元年(1854)に発生した安政地震に伴う津波による犠牲者の追善と被害の教訓を後世に伝えるため安政5年(1858)に地元の衆議により潮先に近いこの地に建立されたもので、碑の前面には当時の状況が詳細に刻まれている。

後世発生した南海地震の際には、この教訓が生かされ、津波による死者が僅か1名のみであり、今後も津波への備えを語り続ける貴重な史跡である。

平成9年11月10日指定

土佐市教育委員会


安政地震・津波の碑


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment