谷重喜 - 谷干城は遠縁の親族

谷重喜墓

[ 高知県高知市・秦泉寺山 ]


谷重喜は天保14年(1843)、長曾我部氏の旧臣で、土佐藩の上士の家柄でもある谷神右衛門家第11代目・谷神佐衛門重昌の嫡男に生まれ、通称・神兵衛、本名・平三、後の名を重喜と言う。

沈着重厚の人で、戊辰の役では土佐藩迅衝隊の四番小隊長として東征し、甲府、今市、会津と転戦し数々の功をあげちょります。

この時、板垣退助の率いる迅衝隊の大軍監として北関東・会津戦線で活躍した谷干城は谷神右衛門家第5代目・谷弥太郎重昌の弟・谷丹三郎重遠(泰山)の子孫になるがです。

明治3年(1870)[西暦年要検証]陸軍大佐になり、大阪鎮台の参謀長に任ぜられ、明治7年(1874)佐賀の乱にあたり林有造の挙兵計画の相談に対し政府の職にある故申し出を断わり、乱のあと下野しちょります。

同年板垣退助・片岡健吉・山田平左衛門・植木枝盛・林有造らにより設立され立志社に入り自由民権運動に挺身し、明治10年(1877)立志社の副社長に就任しちょります。

西南戦争では林有造らの挙兵計画に賛同し、禁獄1年の刑に処せられます。

明治14年(1881)板垣退助が自由党を結成する際にも尽力し、『自由新聞』の会計を司り、明治15年(1882)~明治16年(1883)板垣退助の外遊の不在中にゃ、自由党総理の職を依嘱され代行をも勤めちょります。

明治19年(1886)山内家の家令(皇族や華族の家の事務・会計を管理し、使用人の 監督に当たった人)となるが、翌明治20年(1887)44歳で死去しちょります。

【 参考・引用 】 ■ 『高知県人名事典』 高知新聞社


自由民権記念館 2009-04-10


[ 注意! ]
■ 墓探しで山に入る場合 は、季節によっては、マムシ(ハミ)・ヤマダニ・ヤマヒル・イノシシ・ハチ等に気を付けて下さい。
■ 特に3~12月頃の暖かい時期に山や藪に入る場合、マムシ(ハミ)には御注意の事!
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment