須崎村庄屋屋敷跡 - 吉村虎太郎も一時期在任

須崎村庄屋屋敷跡

[ 高知県須崎市東古市町 ]


説明板にゃ、下記のように書かれちょります。

須崎村庄屋屋敷跡

山内藩政時代、須崎村(郷浦)に庄屋が置かれ川渕氏が幕末まで代々世襲して村方の支配をしてきた。

幕末期には、土佐勤王党で天誅組に参加し、大和十津川で倒幕の兵を起した吉村虎太郎が転任してきた。

虎太郎は、郡奉行の役人と宴席で口論となり呼び捨て事件を起す。

その後、下分村庄屋(新荘)へ転任となる。


何でも、土佐藩の下役人に呼び捨てにされたことを憤り、他の大庄屋と連名で訴状を提出する騒ぎを起こした為に、下分村に転任させられたとか・・・。

また、須崎に居った時代に高知城下に出て、楠山庄助の塾で学び、また間崎哲馬に師事して修学に努め、武市半平太(瑞山)の門に出入りするようになり、勤王の志士としての道を歩むようになるがです。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment