斎藤弥九郎 - 幕末三大流派の一つ神道無念流の剣豪

斎藤弥九郎墓

[ 東京都渋谷区代々木・福泉寺 ]


斎藤弥九郎は、神道無念流の剣術家で、「練兵館」の創立者ながです。

この当時、幕末の江戸には三大道場があり北辰一刀流の千葉周作、鏡新明智流の桃井春蔵と共に三傑と称された程の人ながです。

北辰一刀流の千葉周作の弟になる千葉定吉道場にゃ坂本龍馬、鏡新明智流の桃井春蔵道場には武市半平太(瑞山)、斎藤弥九郎の元にゃ後の木戸孝允(桂小五郎)と、歴史に名を残した人物がおったがです。

土佐藩の武芸の流派は、無外流兵法が主じゃったがですが、山内容堂が藩主になると江戸藩邸で剣術家を集めて他流試合を行うちゅうがですが、その中に千葉重太郎、斎藤弥九郎、石山孫六等の名が登場するがです。

こうした他流試合の影響を受けて、坂本龍馬も斎藤弥九郎の道場に見学に訪れた時に、師範代を勤めよった桂小五郎と出会うちゅうが。

斎藤弥九郎 - Wikipedia
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment