田中良助邸 - たびたび坂本龍馬も訪れた場所

田中良助邸(柴巻)

[ 高知県高知市柴巻 ]


田中良助邸は、台風などの風除けの為に、南斜面に面した正門は2m程の高い石垣で守られちょります。

かって此処にあった坂本家の領地である坂本山を管理しよったがが、田中良助さんじゃったがです。

坂本龍馬は幼少の頃より田中良助邸を訪れては将棋を指したり、また裏山でウサギ狩をしたり八畳岩に登って高知城下を眺めながら酒を酌み交わしたりと親しい間柄じゃったがです。

二人の逸話の中で、坂本龍馬が田中良助さんから金2両を借用した事も、よく知られちょりますねー。

文久元年(1867)10月14日、坂本龍馬が剣術詮議として讃岐丸亀(香川県丸亀市)の矢野市之進道場へ向かう途中、田中良助から借りちょります。

表向きは剣術詮議としての出国じゃけんど、実は土佐勤王党・武市瑞山から長州萩の久坂玄瑞へ書状を届ける役目を受け、長州までの路銀の工面じゃったがです。

後年、襖の下張りから発見された借用書は、現在、高知県立歴史民俗資料館に保存されちょります。

田中良助邸(柴巻)

田中良助邸(柴巻)

田中良助邸(柴巻)

玄関のぬれ縁の上にゃ、田中家の家紋をあしらった欄間が当時のまま残っちょります。

田中良助邸(柴巻)

左が、田中良助さんの写真ながです。

田中良助邸(柴巻)

田中良助邸(柴巻)

然程広くはない、6.5間×4間ほどの平屋造りの屋敷ながですが、この座敷の何処かで、坂本龍馬も寝泊りしちょったがです。


田中良助邸(柴巻)

坂本龍馬の足跡もある当時のままの田中良助邸を、平成14年(2002)に高知市が「史跡」として認定し修理修復を行い、田中良助旧邸資料館として毎週金曜日から日曜日に一般公開されちょります。

田中良助邸(柴巻)


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment