中浜万次郎(ジョン万次郎) - 河田小龍を通して龍馬も影響を受ける

中浜万次郎(ジョン万次郎)墓

[ 東京都豊島区南池袋・雑司ヶ谷霊園 ]


坂本龍馬にも、河田小龍を通して、中浜万次郎(ジョン万次郎)の見聞きした西洋知識や民主主義の考え方等が受け継がれ、亀山社中と言う組織をつくり海の外にも羽ばたこうと言う思いが広がって行ったがでしょうねー。

中浜万次郎(ジョン万次郎)墓

文政10年(1827)に、土佐国中濱村(現・土佐清水市中浜)の半農半漁の家の次男に生まれ、父は万次郎が8歳の頃に死去し、病弱な母と兄に代わって幼い頃から働き、家族を養った。

天保12年(1841)、漁に出て嵐に遭い、漁師仲間4人と共に遭難、5日半の漂流後奇跡的に太平洋に浮かぶ無人島鳥島に漂着し143日間生活し、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助され、アメリカに渡っちょります。

この時、船名にちなみジョン・マン(John Mung)の愛称を名付けられちょります。

アメリカではオックスフォード学校、バーレット・アカデミーで英語・数学・測量・航海術・造船技術などを学んだという。

漂流から11年目の嘉永4年(1851)、琉球に渡り、薩摩本土に送られ薩摩藩の取調べを受ける。

その後、長崎の幕府・長崎奉行所で長期間尋問を受け、土佐藩から迎えに来た役人に引き取られ、土佐に戻っちょります。

土佐藩での取り調べの際に万次郎を同居させたのがて河田小龍で、聞き取った話を記録したのが『漂巽紀略』ながです。

万次郎は土佐藩の士分に取り立てられ、藩校「教授館」の教授に任命され、後藤象二郎や岩崎弥太郎などを教えたそうながです。

嘉永6年(1853)、黒船来航への対応を迫られた幕府はアメリカの知識を必要として、万次郎は幕府に召聘され江戸へ行き、直参の旗本の身分を与えらるがです。

この時に、故郷の地名を取って「中濱」姓が授けられちょります。

安政元年(1854)、坂本龍馬が河田小龍を尋ねた頃にゃ、万次郎は江戸に召聘された後じゃったがです。

龍馬が河田小龍をアポもなく尋ねたがやろうかと思うちょたけんど、龍馬の姉・乙女の嫁ぎ先の藩御用格医師・岡上樹庵と河田小龍は親しい間柄じゃったようで、こうした事情もあり河田小龍を訪ねる事が出来たようです。

万延元年(1860)、日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団の1人として、勝海舟と咸臨丸に乗りアメリカに渡る。

慶応2年(1866)、土佐藩の開成館設立にあたり、教授となって英語、航海術、測量術などを教える。

また、藩命により後藤象二郎と長崎・上海へ赴き土佐帆船「夕顔丸」を購入したり、慶応3年(1867)には、薩摩藩の招きを受け鹿児島に赴き、航海術や英語を教授したが、同年12月、武力倒幕の機運が高まる中、江戸に戻った。

明治31年(1898)、波乱万丈の人生は72歳で幕を閉じちょります。

【 参考・引用 】 ジョン万次郎 - Wikipedia

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment