菅野覚兵衛・起美 - 妻は「お龍」さんの妹ですき、龍馬とは義理の兄弟

菅野覚兵衛・起美の墓所

[ 東京都港区南麻布四丁目・光林寺 ]


菅野覚兵衛は天保13年(1842)に安芸郡和食村(現・芸西村和食)の庄屋・千屋民五郎の三男に生まれ、初め千屋寅之助と言い、千頭義郎や山本謙吉の変名を使い、のちに菅野覚兵衛と言うがです。

病弱な兄に代わり庄屋業を努めよったけんど、国事を憂い従兄弟の千屋菊次郎・千屋金策と共に34番目に土佐勤王党に加盟しちょります。

文久2年(1862)にゃ、山内容堂を警護するための五十人組に参加し上京し、高松太郎の紹介で坂本龍馬を知り、龍馬の勧めで勝海舟の弟子となり、幕府が神戸に設けた神戸海軍操練所にも参加し、坂本龍馬と共に行動して行くがです。

禁門の変後、勝海舟が軍艦奉行を罷免され、神戸海軍操練所が閉鎖されると、坂本龍馬や陸奥宗光らと共に長崎に渡り亀山社中(のちの海援隊)を結成し、海援隊隊士として活躍するが。

慶応2年6月の長州征伐の際にゃ、ユニオン号の船将を任され、幕府軍と戦い勝利したりしちょります。

慶応3年(1867)11月に京都・近江屋で坂本龍馬が暗殺され後、鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗走するようになると、海援隊も統率を欠いていったのか、2派に分裂する。

一方は、長岡謙吉を新リーダーにしたグループと、長崎に残留したグループとなり、菅野覚兵衛は後者の長崎残留組に残るがです。

慶応4年(1868)3月、生前の坂本龍馬の希望もあったようで、長崎でお龍の妹・起美と結婚しちょります。

龍馬の死後、義理の兄嫁になるお龍さんの面倒をよく見たようで、一時期は実家の千屋家にも身を寄せたと言う。

お龍・君江 姉妹像 - 和食・琴ヶ浜 2009-11-16

戊辰戦争にゃ、九州鎮守総督沢宣嘉により振遠隊が結成されると、長崎残留海援隊同志らは長崎奉行所管内の民兵らと共に参加しちょります。

明治維新後は小松帯刀の取計いで、元・海援隊隊士・白峰駿馬と共にアメリカに渡り、ニュージャージー州のラトガース大学に留学し、帰国後は、勝海舟の紹介で海軍省に入省し、艦政局運輸課長、横須賀鎮守府建築部長などを歴任して海軍少佐となっちょります。

しかし西南戦争勃発直前に海軍造船所次長として鹿児島県に赴任した時、その発端となった「弾薬掠奪事件」に係わったため海軍の中での立場は不遇に終わり、造船所を閉鎖し官職を離れ同地を去り、のち明治17年(1884)に辞職しちょります。

退官後は、坂本龍馬が描いた北海道開拓の夢の一部じゃと思うけんど、北地開拓の夢を実現せんと福島県郡山市の安積原野に入植し開拓事業に参加し活動するがですが、明治26年(1893)志半ば病にかかり亡くなっちょります。

享年52歳。

ちなみに、安積原野の開拓は、郡山の約20km西方にある猪苗代湖から水を引く安積疏水の開さくと安積原野の開拓で、郡山に入植したのは全国の諸藩から9藩、約2,000人が移り住んだそうです。

その内訳は 奥羽越列藩同盟参加藩の米沢藩11戸・二本松藩41戸・会津藩32戸・棚倉藩27戸と、西日本から久留米藩141戸・鳥取藩69戸・岡山藩4戸・松山藩15戸・土佐藩は106戸と2番目に多い人数じゃったそうです。

戊辰戦争が終わると、諸国で多くの士族が秩禄を失い生活に困窮した。

新政府はそうした士族を救済するための国策として「安積原野の開拓」が行われたがです。

しかし安積原野の開墾や北海道開拓は、ほとんど窮乏士族たちによるものであったき、ここ安積原野開拓に加わった諸藩の中にゃ薩摩や長州の名はないが。

じゃー薩摩や長州は開拓に関与していないかと言えば「ある」。

今日、観光地でもある「那須高原」がそう・・・。

その開拓は下記の薩摩・長州の元勲らが中心じゃった。

大山 巌(公爵・薩摩)、西郷従道(侯爵・薩摩)、山形有朋(公爵・長州)、品川弥二郎(子爵・長州)、山田顕義(伯爵・長州)、三島通庸(子爵・薩摩)、佐野常民(伯爵・佐賀)、青木周造(子爵・長州)、鍋島直大(子爵・佐賀)、毛利元敏(子爵・長府)、戸田氏共(伯爵・大垣)

ようするに「那須高原」の開拓は、勝ち組の薩摩・長州が財力と権力で築きあげた楽天地ながですねー。

そんな中で、明治維新後に龍馬の志を受け継いだ仲間たちが北海道開拓を成し得て行ったように、今日、東北・福島県郡山の地にも、菅野覚兵衛を通して龍馬の志の風は吹き抜けゆうがですき。

【参考・引用】
『高知県人名事典 新版』 高知新聞社 刊
菅野覚兵衛 - Wikipedia
ブルジョアジーの大農場 -明治の浪漫 那須疏水の夢

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment