西郷隆盛宿泊の地跡 - 豪商・川崎家邸の一室・燕雀楼

高知城百景 - 第28景

[ 高知県高知市南はりまや町1丁目 ]


慶応3年(1867)に薩摩藩・島津久光の使者として土佐に来た西郷隆盛が、七日間滞在しちょった場所が、豪商・川崎家邸の一室・燕雀楼じゃったそうです。

戦後、この地を借り受け旧「料亭・濱長」さんが営業しよった場所(現在は高知市唐人町に移転)で、当時は門を入ると築山があり由来が書かれちょったとか。

写真じゃとコンビニのある周辺になるがです。

西郷隆盛は、藩主・山内容堂や家臣たちと会見し、土佐藩が明治維新回天へと方向転換をする切っ掛けになった会談じゃったがですねー。

【参考・引用】 『高知市史跡巡り』 橋詰延寿・著 昭和44年


山内容堂・西郷南州会見の地 - 四侯会議に向けて 2011-07-05


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment