岩村通俊 - 坂本龍馬の北海道開拓の夢を叶えた一人

岩村通俊墓

[ 東京都台東区谷中・谷中霊園 ]


岩村通俊は、大江 卓の記事でも触れたけんど長崎に砲術を学びに行った時、坂本龍馬と知り合い、その後、中岡慎太郎なきあとの陸援隊に入っちょります。

維新後は維新の三大騒乱の鎮圧・事後処理に関わり、また行政官として全国に足跡を残しちょります。

また農商務大臣、宮中顧問官等も務めちょりますが、沖縄県令の後司法大輔となり、北海道開拓の重要性を政府に説き北海道庁設置の必要性を政府に働き掛け、明治19年(1886)に北海道庁が設置され、初代長官に任命されちょります。

札幌や上川盆地の開発に関わり、北海道開拓に多大な功績を残しちょり、その功績を称えるかのように旭川市の北海道神宮末社開拓神社・上川神社に祀られ、旭川市常磐公園・札幌市大通公園・札幌市円山公園には銅像も建っちょるそうです。

岩村通俊墓

【 参考 】

宿毛歴史館/宿毛人物史/岩村 通俊
岩村通俊 - Wikipedia

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment