中江兆民 - 坂本龍馬に憧れを抱き

中江兆民墓

[ 東京都港区南青山・青山霊園 ]


中江兆民が弟子・幸徳秋水に坂本龍馬の思い出を語る。

当時長崎の地は、独り西欧文明の中心として、書生の留学する者多きのみならず、故坂本竜馬君等の組織する所の海援隊、亦運動の根拠を此地に置き、土佐藩士の来往極めて頻繁なりき。
先生かつて坂本君の状を述べて曰く、豪傑は自ら人をして崇拝の念を生ぜしむ、予は当時少年なりしも、彼を見て何となくエラキ人なりと信ぜるが故に、彼が純然たる土佐訛りの方言もて、「中江のニイさん煙草を買ふてきてオーセ」などと命ぜらるれば、快然として使いせしこと屡々なりき。
彼の眼は細くして其額は梅毒の為め抜上がり居たりきと。
奇なる哉、坂本竜馬君を崇拝したる当時の一少年は、他日実に第二の坂本君たらんとしたりき。
坂本竜馬君が薩長二藩の連鎖となって、幕府顛覆の気運を促進し得たるが如く、自由改進の二党を打て一丸となし、以て藩閥を勦滅するは、是れ先生が畢生の事業とするところなりき。
而して坂本君は成功せり、先生は失敗せり、成敗の懸る所、天耶、将た人耶。

【参考・引用】『兆民先生』 幸徳秋水・著  岩波文庫



中江兆民翁之碑 - 板垣退助や大隈重信たちが建てる 2012-04-18
東洋のルソー - 中江兆民生誕地 2009-07-17    
関連記事

  



1 Comments

独眼竜馬  

御参考までに

いつも貴見を拝読、大いに学ばせて下さい。
さて、龍馬後日談について、先日たまたま見かけた記事あり、ご紹介申し上げます。

ブログ史跡訪問の日々
http://pub.ne.jp/shisekihoumon/
沢辺琢磨について
御茶ノ水 Ⅳ — 東京都

(ニコライ堂)

2013/03/19 (Tue) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment