岡内俊太郎 - 海援隊士として坂本龍馬と行動を共にする

岡内俊太郎墓所

[ 東京都台東区谷中・谷中霊園 ]


岡内俊太郎は、天保13年(1842)に潮江村(現・高知市潮江)の岡内清胤の長男として生まれ、名を重俊と言う。

土佐藩の横目役として務めちょったがですが、のちに坂本龍馬に従い海援隊に入り、長岡謙吉と共に秘書として活躍しちょります。

慶応3年(1867)に坂本龍馬がライフル千丁を携えて土佐への最後の帰国となった際にゃ、坂本龍馬に同行して土佐に入り、土佐藩参政・渡辺弥久馬らと接触して、五台山の麓・松ヶ鼻の茶亭にて渡辺弥久馬や本山只一郎らとの交渉の周旋をしちょります。

戊辰の役の際、土佐藩討伐軍の武装の基礎を担った一人でもあるがです。

因みに、この坂本龍馬最後の帰国の際にゃ、岡内俊太郎も坂本家にも泊まったがじゃそうです。

明治2年(1869)司法官、明治6年(1873)の欧州(ヨーロッパ)視察後、司法大検事・長崎上等裁判所心得などを経て、明治19年に元老院議院、明治23年に貴族院議院を歴任しちょります。

大正4年(1915) 74歳で亡くなっちょります。

谷中霊園の岡内重俊墓所にある「岡内男爵家之墓誌」にゃ坂本龍馬の名も刻まれちょります。

・・・維新ノ際武市半平太佐々木三四郎阪本龍馬中岡慎太郎中島作太郎等ト共ニ勤王ノ大義ヲ唱ヘ西郷木戸ト會商シテ薩長土ノ連衝ヲ策ス藩主容堂大政奉還ノ建議實に與ル處多シ・・・
樞密顧問官従二位勲一等男爵南部甕男
大正八年九月二十日 十一世 岡内重清建


撰文を書いた南部甕男は土佐勤王党82番目の血盟同志ながです。

【参考・引用】 『高知県人名事典』 高知新聞社

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment