さざれ石

080428-01.jpg

[ さざれ石  高知/高岡郡檮原町太郎川 ]

国歌「君が代」の一節に「♪さざれ石の 巌となりて・・・」とある「さざれ石」です。

「石灰石」や「大理石」の主成分が炭酸カルシウムじゃけんど、この石灰岩が雨水で溶けだし、コンクリート状に凝結し、「小さな石の欠片」が1つの大きな石の塊に変化したものが「さざれ石」で学名は「石灰質角れき岩」とよばれちゅう。



岐阜県揖斐川町春日には「君が代」の由来となったといわれる「さざれ石」があって天然記念物になちゅうがです。

平安時代の初め、ここに隠れ住んだ文徳天皇の第一皇子・惟喬親王に使えていた木地師(お椀や鉢などを作る人)が、ある時珍しい石を見、感じたままに歌に詠んだ。

やがてこの歌は京の都で評判を呼び、『古今集』に採録されたがじゃけんど、木地師の身分が低かったき、歌集では「よみ人知らず」として扱われたそうながです。

それが「わが君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」です。



[ アクセス ]
・JR須崎駅から、高知高陵交通バス”梼原”行きで、約1時間 太郎川公園下車

関連記事

  



0 Comments

Leave a comment