和霊神社の龍馬桜 - 12.04.04

和霊神社の桜

[ 高知県高知市神田 ]


坂本龍馬が、出藩の際、立ち寄ったと言われちゅう和霊神社の参道入口にある、龍馬桜と名付けられちゅう桜ながです。

この桜はソメイヨシノで、江戸末期から明治初期にかけて江戸の染井村(現・東京都豊島区駒込)で造園師や植木職人達によって創りだされた品種ながです。

ですき、龍馬の時代には、この種の桜はなく、龍馬が見たとすれば「山桜」ながですねー。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment