仙台屋桜・牧野富太郎博士が命名 - 12.04.01

仙台屋桜
仙台屋桜

[ 高知県高知市赤石町 ]


牧野富太郎博士が、高知の仙台屋という呉服屋の店先で見つけ命名した、仙台屋桜(センダイヤザクラ)の由来の記された案内板が建つ公園がある。

今年も、公園の隅に仙台屋桜(センダイヤザクラ)が鮮やかな彩で、咲いちょりました。

ソメイヨシノより花の色は濃く、日本古来の山桜で和名はベニヤマザクラだとか。

・・・「仙台屋桜」と命名された桜の木の話がある。

園芸家・武井近三郎氏が『牧野富太郎博士からの手紙』(高知新聞社刊)の中で「佐伯さんという人が仙台から移住してきて、中須賀で仙台屋という屋号で商売を始めたのですが、その屋敷の庭へ移植した桜です。

花の色が濃くて美しく開花時期には藩主山内家に差し上げたと言われています。

近くの住民が花が美しいので〈仙台屋の桜〉と名付け」たとの由来を述べている。

この桜は、「佐伯さん」の郷里・宮城県のベニヤマザクラだろうとされている。  

牧野博士は、これがとても気に入ったとみえる。

昭和二十五年ごろ、武井氏あてに「高知市中須賀にセンダイザクラが今でも残っておれば高知の名物の桜にするべし」と書き送っているほどである。

昭和二十八年五月の手紙でも「仙台屋ザクラの苗木、接木ができましたなら其苗を御送り下さいますれば大幸に存じます。

昨年御恵みの牡丹ザクラと並べて植え我庭の銘木にしたいと存じます」と苗木の無心をしている。

その後も、この桜にこだわって、武井氏もあきれるほど繰り返し手紙を寄せている。

【参考・引用】

高知市広報「あかるいまち」240仙台屋桜-高知市広報 2004年4月号より-
土佐史研究家・広谷喜十郎 著


仙台屋桜
五台山にある牧野植物園でも、仙台屋桜(センダイヤザクラ)が見られます。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment