千葉定吉道場跡 - 坂本龍馬が入門し剣術を学ぶ       

千葉定吉道場跡(八重洲)

[ 東京都千代田区八重洲2丁目 ]


坂本龍馬が、嘉永6年(1853)に剣術修行のために江戸へ出て、入門した千葉定吉の「小千葉道場」もしくは「桶町千葉道場」と通称される道場があったとされる場所にゃ二つの説がある。

まず一つ目が、坂本龍馬が初めて江戸へ剣術修行でやってきた時、過ごした長屋があった土佐藩上屋敷とは、眼と鼻の距離にある、鍜治橋にあったとされる周辺。



MapFan地図へ

千葉定吉道場跡(日本橋)

[ 東京都日本橋堀留町一丁目 ]


二つ目は、嘉永六年(1853)十二月改正の絵図に、新材木町に千葉定吉の名前が確認する事から、場所は定かではないですが現・日本橋堀留町一丁目辺りとされちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment