武市熊吉ら九名の墓・「九士之墓」 - 碑文の撰文は谷干城

武市熊吉ら「九士之墓」

[ 東京都中野区上高田・宝泉寺 ]


武市熊吉・喜久馬ら九名の土佐人のお墓が、東京にある。

武市熊吉ら「九士之墓」

表は風雨にさらされてか殆ど判読は出来んがですが、僅かに武市熊吉の名だけは確認出来たがです。

武市熊吉ら「九士之墓」

武市熊吉ら「九士之墓」


碑の裏は、綺麗に文字が残っちょり、碑文の撰文は子爵・谷干城と刻まれちょります。

谷干城の墓 - 薩長藩閥とも距離を置き、土佐派の重鎮として 2011.12.26

武市熊吉ら「九士之墓」

その碑文の撰文の中にゃ「宥其罪(罪宥)」と刻まれちゅう。

つまり、「その九名に対し、寛大な処置をする」と言う意味じゃと思います・・・・・。

確かに、岩倉具視を襲った罪人として斬首刑に処せられちゅうけんど、彼らに対する同情などもあったがですろー。

ですきに、武市熊吉ら九名の墓所になる「九士之墓」に、同じ土佐人でもある「子爵・谷干城」自らが碑の撰文を書いたがじゃないかねー。

本当に、救い様のない事件の罪人として裁かれたのであれば、誰であれ、罪人の墓に墓碑は刻まんろー・・・・・。

武市熊吉ら「九士之墓」


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment