三条実美墓 - 七卿落ちの一人

京浜大津

[ 東京都文京区大塚・護国寺 ]


文久3年(1863年)に公武合体派の中川宮らの公家や薩摩藩・会津藩らが起こした八月十八日の政変で、七卿落ちと呼ばれる京都を逃れて長州へ逃れるけんど、元治元年(1864)の第一次長州征伐に際して大宰府に移る。

そいて、薩摩の西郷隆盛や長州の高杉晋作らが太宰府の延寿王院に集まり、時勢を語り合ったし、坂本龍馬も訪ねちょりますねー。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment