白黒一文字紋 - 土佐・山内家の裏家紋

山内家の裏紋・白黒一文字
旧山内家下屋敷長屋

[ 高知県高知市鷹匠町 ]


土佐・山内家の裏家紋のお話を・・・・・。

場所は旧山内家下屋敷長屋の屋根瓦に、写真のように右に本紋の「三つ柏紋」、その上にひと回り大きい裏家紋の「白黒一文字紋」と呼ばれる家紋が乗っかっちょりますが、本紋よりも裏紋の方がメインのようにも見えるねー。

えっ、何処が「白黒」じゃと言われそうじゃけんど、瓦じゃき当然「黒」一色じゃけんど、「白黒一文字紋」を図案化すると下記のようになるがです。

白黒一文字紋
土佐山内家宝物資料館・豆知識(山内家の歴史)に掲載されている白黒一文字紋。



土佐・山内氏は、先祖を相模国鎌倉郡内の山内を起源とする藤原氏秀郷流(山内首藤氏)と言う事になっちょります。

その『山内首藤系図』と言うのには、「一文字」と言う紋を使いよったそうながです。

山ノ内氏代表紋の一文字紋は、一文字に象った紋であり、南北朝時代にこの一文字をカタキナシ、すなわち無敵と解釈していたと云、このことが戦国時代の武士の名乗りに、この一文字が比較的多く用いられ、いずれもこの文字をカツ、勝つとよませていた。
一文字紋の始めは詳らかでないが、「首藤山内系図」には、保元以前に山内氏がすでに用いていたと記しているが明確ではない。
・・・・・
徳川時代のはじめ、土佐国主山内対馬守一豊の家紋は白黒一文字を用いた。
山内氏は由来本紋は三葉柏を用いていたが、替紋の白黒一文字が藤原氏首藤流を代表する紋章という事で、いつの間にか本紋である三葉柏よりも重用されるようになった
・・・・・
【参考・引用】 『日本紋章学』沼田頼輔・著 人物往来社


因みに、この沼田頼輔氏は慶応3年(1867)相模国(現・神奈川県愛甲郡清川村)に生まれ、昭和9年(1934)に亡くなった日本の紋章学者、歴史学者じゃそうです。

『山内家史料』の編纂主任をしよった人じゃそうで、そこで土佐・山内家の紋章の多さを知った事が切欠で、その後家紋の研究に専心したがじゃと・・・・・。

『山内首藤系図』には、経俊の代まで紋は「一文字」であった。
しかし、平氏の余党が蜂起したとき、合戦に利なく勢州の佐々良島に退去した。
そのとき、大神宮の神膳に供えてあった三角柏をとって笠じるしにして戦い勝利をえた。
ために柏を紋に用いるようになったとある。

ところが、近世土佐藩主の山内家では、藩祖一豊の父盛豊が柏の枝を折って指物とし、戦い終わったのち三葉のみがのこっていたことから三つ柏をもって家紋にしたと伝えている。
しかし、山内氏が室町時代中期において「三つ柏」を家紋としていたことは、『見聞諸家紋』に山内氏の家紋として「三つ柏巴」と「一文字」が記されていることから疑いをいれないものである。
見聞諸家紋にみえる山内氏の三つ柏紋は、柏巴となっているが細葉の三つ柏を用いる場合が多く、江戸時代には特に「山内柏」と呼ばれ「土佐柏」ともよばれた。
【参考・引用】 武家の家紋_山内氏


以上の事が名前の読みにも繋がるようで、普通、山内一豊を「かずとよ」と読むけんど、一豊が”偏諱”を家臣に与えた際の訓みから「かつとよ」と考えられているともある。

偏諱(へんき)とは、上位者が下位者に諱(俗名)を一字与える事を偏諱(へんき)の下賜と言うそうながです。

苗字の方も、一豊の山内氏は、既出の『寛政重修諸家譜』には「やまうち」と平仮名でルビがふられている。
また、淀殿の侍女大蔵卿局による一豊宛の書簡には平仮名で「やまうちつしまどの」となっており、これらの点から最近では「やまうち」と訓むのが正しいと考えられている。
ただ、土佐・山内家は「親しまれている名前で呼んでやってください」と言う事で平成18年(2006)に放送されたNHK大河ドラマ『功名が辻』じゃ「やまうちかずとよ」と読むことにしたそうながです。
【参考・引用】 山内一豊 - Wikipedia




最初、歴史写真家・前田秀徳氏と旧山内家下屋敷長屋前を通った際にお教えいただいちょりましたが、後日、自分なりにチェックした上で書いちょります。


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment