牧野富太郎誕生地碑 - 世界的な植物学者

牧野富太郎誕生地碑

牧野富太郎誕生地碑

[ 高知県佐川町甲 ]


牧野富太郎は、土佐の佐川が生んだ、偉大な植物学者ながです。

生家は酒造りを営む岸屋と言い、領主じゃった佐川・深尾家から苗字帯刀を許されちょった、裕福な商家の一人息子として文久2年(1862)に生まれちょります。

4歳で父を、6歳で母を亡くし、祖母に育てられたと言う境遇の人でもあるがです。

幼い頃、両親を亡くした事も一因するのか、幼少より裏山で草木を友として、育ったと言う・・・・・。

けんど、そう言う境遇のもとで幼い頃から培って来た植物に対する知識が、日本の植物分類学の基礎を築き、彼を世界的な植物学者に育てあげたがです。

土佐が誇る偉大な土佐人です。

牧野富太郎墓 - 近代植物分類学の権威 2010.11.26
牧野富太郎 - 日本の植物学の父 2009.04.04
県立牧野植物園 2008.04.30
伊藤蘭林記徳之碑 - 勤王の志も厚く・・・・・ 2011.06.07

碑の題字は参議院議員・林譲治です。

大町桂月誕生地 - 碑文の書を書いた林譲治から、話は幕末へ 2011.04.17


MapFan地図へ
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment