芋ケンピ

IMG_0954.jpg


土佐には「芋ケンピ」と言う名産品があるけんど、元々「 ケンピ」と言う郷土菓子もあるがです。

小麦粉と砂糖などを練ったものを、10cm位のスティック状に堅めた歯応えのある焼菓子で、起源は諸説あるがじゃけんど、「唐菓子から説」・室町町時代に「明」から渡来した点心の一つである「巻餅説」・江戸時代に高知の名産であった「白髪素麺」や麩の製法を応用した説等があって、お殿様への献上品にもなっちょったとの事じゃ。

名前も、この「けんぴ」を食べると、身体の弱い人も「肥えて健康になる」ので「健肥(ケンピ)」とか、堅いから「堅干」等の当て字にする事もあるようながです。

江戸時代にサツマイモが生産されるようになって、それを細く切って油で揚げて、お砂糖をまぶしたお菓子が作られるようになって、形状が元来の「けんぴ」に似いちゅう事から、このお菓子が「芋けんぴ」と呼ばれるようになったと言われちょります。

今では、スタンダードな「芋ケンピ」の他に、ゴマ・青海苔・ゆず等を使ったさまざまなものまであるがです。

食べ始めたら、止められない・・・それが「土佐の芋ケンピ」ですき・・・(^^)
関連記事

  



0 Comments

Leave a comment